雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170622_01.jpg
photo:白山室堂。

週末の雨予報にブルーなミドです。
とりあえず旅の荷物はまとめたけど・・・どーなることやら。


では、白山登山の続き。

無事室堂に着き、定番の社と山頂の写真を撮ります。
ふー。
白山登山は山頂に着いた時より、
長い歩きの末に室堂に辿り着いた時が達成感を感じますな。

山頂へ行くか。

170622_02.jpg

見て、この雲ひとつない空。
これは山頂からの景色が楽しみだ。

毎度、山頂への登りが足に来るぜ。
写真を撮るという名目で立ち止まっては休憩しまくり。

170622_03.jpg

室堂からの30分が何気に長く感じるなあ。

そして・・・。

170622_05.jpg

御前峰、2702mに来ました~。

別当出合の1260mから、1400m以上登ったぞい。
ハライタになることもなく歩き続けてくれた体よ、ありがとう。

では、景色を満喫しましょう。
まずは室堂と別山。

170622_06.jpg

雪とのコントラストが良い感じ。
今回の登山で、ようやくあの山が別山だと知りました。

次は池方面。

170622_07.jpg

そして、遠くの山々。

170622_08.jpg

北アルプスが見える!乗鞍岳も見えてました。
白山登山の過去2回はガスってて遠くが見えなかった。
こんなにくっきり見えるのは初めてで、テンションあがります。
思い切って白山に来て良かった!

岩に腰掛けてパンをモグモグ。
横では昼寝してる人がおります。
山小屋泊なら、ここで昼寝したいわー。


雪の状態が分からないので、早めに帰ろう。
雪道の下山は、登りよりヤバイ気がする。

下山開始。
室堂を通過したころ、雲がもくもくと出てきました。

170622_09.jpg

黒ボコ岩からの雪道の下りは・・・正直ドキドキした。
気温が上がりすぎて、雪がべちゃべちゃで滑る。

ぐっと踏み込んでも、足元全体が滑っていきます。
歩きづらいっ。
急な斜面は、ヘタに滑るとずっと滑り落ちていきそう。ドキドキ。
気温が高いと、昼にはこんな状態になるんですなあ。
勉強になりました。

170622_11.jpg

甚之助小屋まで来たら、ホッと一安心。
足に力を入れまくったので、明日は筋肉痛にやられそう。

それにしても、暑い。暑いよ。
風がないと蒸し蒸して、爽快感なし。

午後3時、別当出合に無事帰ってきました。
歩いた時間は8時間くらい。

雪がある時期に来たのは初めてで楽しめました。
次はもう少し早い時期に来てみたいな。


達成感と満足感いっぱいでお家に帰り、その後12時間寝たのであった。

170622_12.jpg
170620_01.jpg
photo:別山カッコイイ。

実家の町内で熊が出たと知ったミドです。
2軒隣の家の付近らしい。家族が遭遇しませんように。


天気の良かった先週末。
がっつり歩きたくなって、またまた山へ行って来ました。

今年開山1300年を迎える、霊峰白山。

来月に行こうと思ってたけど、
軽アイゼンで行けそうな積雪量なのでゴー。

朝4時起きで別当出合へドライブ。
運転中お腹が痛くなってきて・・・ヨロヨロと別当出合に到着。
お腹痛いのは治ったけど、体調微妙?

驚いたのは、登山口にいた団体の人の多さ。
高校の大会だそうで、高校生が100人以上いました。
先生たちもたくさんいます。あらまー。

雪道の1人登山だけど、これは道に迷うことはなさそうだ。

170620_02.jpg

朝6時半頃登山開始。
つり橋を渡り、樹林帯を歩きます。
うー、足取りが重い。やはり体調イマイチ。

ゆっくり歩こう。

170620_03.jpg

追い抜いてもらいながら、トコトコ歩く。
中飯場を通過し、登って行くと雪が出てきました。

170620_04.jpg

アイゼンなしで行けそう。
雪道を歩いて、甚之助小屋に到着。
ちょいと休憩~。

170620_05.jpg
photo:だいぶ高い所まできました。

足取りが少し軽くなってきたかも。
これなら山頂まで行けそうだ。

170620_06.jpg

ここからは雪道が多くなります。
のんびり慎重にすすすんで行こう。

いやー、快晴です。雲がなく、風もない。
めっちゃ暑い!!
雪の上だけど、高い山だけど、下界と似たような暑さ・・・・。
もう少し、涼しいほうがいいなあ。

170620_08.jpg

危険なポイントには人がいるというこの安心感。
登山道のいたるところに、先生(ガイド?)さんたちがいました。
もちろん高校生グループも。

170620_09.jpg

黒ボコ岩まできたよ~~~。
ここまでくると、もう少しって感じがしますな。
エネルギーを補給して、出発。

170620_10.jpg

6月なのに雪の原っぱ。
わーい。
まぶしいぜ。

170620_12.jpg

石ゴロゴロの道を歩きまして・・・・。

室堂にキターーーーー!
だー、疲れた。
スタートしてから、4時間でした。
前回は3時間半だったので、今回はゆっくりペースでしたな。

休憩したら、山頂へ行こう!
後半へ続く

170620_11.jpg
170617_01.jpg
photo:富士見パノラマリゾートのゴンドラ。

アパートの契約更新資料を記入するミドです。
今のアパートに来て6年・・・もうそんなに経ったのかー。
時の流れが早すぎる。


金沢へ帰る日曜日。
天気が良いし、再び寄り道(寄り山)。
前菜は北横岳、メインは硫黄岳で、
最後のデザート的な山は入笠山にしました。

何がしたかったというと、八ヶ岳全体の写真を撮りたかったのです。
ブログで八ヶ岳を説明しやすいなーと。

入笠山の麓にある富士見パノラマリゾートに到着。
麓ではパラの練習をしていました。フライトエリアなのですな。
では、ゴンドラに乗ります。
マウンテンバイクも一緒に乗る人もいるんだー。
ほほう、上からマウンテンバイクで下ってくるコースがあるのか。
楽しそうだ。

170617_02.jpg

ゴンドラを降りた所に、入笠山の登山口が。
ここから1時間のハイキングスタート。

まずは入笠湿原を通過します。
お花はまだそんなに咲いてないねー。

170617_03.jpg

入笠山を知ったのは、
嵐にしやがれで櫻井くんとV6の岡田くんが、
スノーシューハイクをしてたのを観たから。
テレビで観た景色はここだったかも。

170617_04.jpg

次はお花畑ゾーン。
花より人の多さが気になる。
観光地だねー。これはこれで楽しい。

登山口に来ました。
やっと山道らしくなってきました。

170617_05.jpg

30分くらい登ったら・・・。

170617_06.jpg

山頂到着!
人が多い。まあ、こんなに天気が良いもんね。

さて、肝心の八ヶ岳はどんな感じかな。

170617_07.jpg

おー、全体が見えた!
霞んでるのが、ちょっと残念。

よし、ブログ用の写真は撮れたぜ。

さ、金沢にかえろー。
下山して、高速に乗り松本方面へ。

”カモシカスポーツ”っていうアウトドアショップに寄り道。
地元にはないアウトドアショップは、新鮮で楽しい。
それから、山道をドキドキしながら運転して帰りました。

170617_09.jpg
170611_11.jpg
photo:天狗岳を眺めるミド。

以前まで八ヶ岳って1つの山かと思っていたミドです。
行く時になって、ようやくその山を知ることが多い。

八ヶ岳をよく知らない人のためにこんなものを用意してみました。

170611_01.jpg

たくさんピークがある山の塊だったんですな。
左側が北八ヶ岳で前日に行った北横岳もある。
右側が未踏の地、南八ヶ岳。

今回は南八ヶ岳の硫黄岳・横岳の日帰り登山に挑戦する日記です。


10日、朝4時起床。
天気予報を見ると、正午あたりから雨マークになってる~。
約2時間かけて、登山口の桜平に向かいます。

駐車場に到着し、朝6時半頃登山口を出発。

空は雲多めですなあ。夏沢鉱泉で登山届を提出っと。

170611_02.jpg

しばらくは樹林帯を散歩。
癒しの木々と苔と水の音。
に加えて、ザーッ、ゴーッとすげー風の音。
この音、去年台風が来た時に聞いたわ・・。

170611_03.jpg

オーレン小屋まで来ました。
山の上はガスってる。ガーン。

170611_04.jpg

雨が降らないことを祈りつつ進みます。
時折Kちゃんとしゃべりながらテクテク。

風で木が根っ子ごと揺れてるんだが、倒れてくるなよー。

170611_05.jpg

3つ目のヒュッテ夏沢に来ました。
相変わらず、スッゲー風の音。
そろそろ森林限界が近づいてくる。
普段は楽しみな稜線歩きも、今日は微妙。
稜線はモロに風をくらうからなあ。

170611_06.jpg

少しずつ高度を上げて行くと、雲がなくなり日が射してきました。
ヤッター。良い景色を拝めそうだ!写真を撮るぞー。

木々が減り風が当たるようになってくると、時折体が押されることも。
地形のおかげでまだ風が直にきてないので、心に余裕はある。

高度が上がると、天狗岳も見えてきたよー。

170611_07.jpg

だんだんと風が強くなり、風に耐えながら歩き、
強く吹く時には立ち止まり耐える。

一体風速どれだけあるんだろ。

170611_08.jpg

さらに進むと降りてくる人に、
「この先はやめた方がいい。」と言われました。

そんなにやばいのか・・・。
少し先のケルンのあるところまで行って判断することに。

170611_09.jpg

さて、火口のところまで来ました。
ここから先はモロに風が当たりそうです。
右から強烈な風が吹いていて、左側は・・・・。

170611_10.jpg

崖。
オウ。落ちたら終わるな。

試しに進んでみることにしました。
姿勢を低くして何歩か進み、行けそうと思ったけど・・・。

地形のせいか急に強さが増し、
!!!
とっさにしゃがみ、心を決めました。

下山する!

多分今の強さが、私の限界だと思う。
ドンってさらに強い風が来たら、体が持っていかれそう。

標高は2700mを超えていて、山頂までもう少しだったんだけどね・・・。

下山中、風の強さは増してきて冷たい風がバシバシと当たる。
顔や鼻の中が痛いっす。
今は樹林帯に早く戻りたい~。

休みながら下山し、無事駐車場に帰還。
車に乗ったら、ちょうどポツポツと雨が降ってきました。

登頂できなかったけど楽しかった~。

帰りは諏訪湖が見える立石公園に寄り道。
「君の名は」の糸守町と噂される諏訪湖を撮りたかったのさ。
そして疲れた私達は、ラーメン屋でエネルギー補給したのであった。
170611_12.jpg
170610_02.jpg
photo:Kちゃんの家。

来月大阪に遊びに行くミドです。
会社の記念行事だけど現地集合・解散なのでほぼ自由時間。
1日目はUSJ、2日はどこに寄ろうかなあ。


では、長野旅の続き。
北横岳に寄り道した後は、ナビを頼りにKちゃんの家へ。

今年引っ越したので、今回の家は初めて。
どんなお家かなー。

到着。

そこには焦げ茶の木の外壁の家がありました。
ここ?なんか良い雰囲気の家じゃないっすか。

そして、Kちゃん登場。
わー、久しぶり~。

早速お家に入ると・・・薪ストーブがある!
なんか別荘みたいで、シャレオツー!
即、写真を撮りだすミド。

家中、木の香りがしますぜ。
いいねー。
こういう家での暮らし。

170610_03.jpg

しばらくすると、旦那さんとちびっ子が帰ってきました。
カワイイ女の子。
人見知りのちびっ子さんは警戒モード。
子供慣れしてないミドは様子見モード。

170610_04.jpg
photo:庭には薪がたっぷり。

一緒に夕飯を食べた後は、ウッドデッキでまったり。
ちょっとずつチビッ子との距離を縮めます。
お絵かきでも好感度アップを図りちょっと仲良くなれたかな。

夜には、山に行く荷物をまとめました。

Kちゃんと翌日行くのは南八ヶ岳の硫黄岳と横岳。
ワクワクドキドキ。

ただ、心配なのは天気。
山の天気予報を見ると、かなり風が強く「登山に適してない」と出てる。
そして、午後から雨の予報も出てますねえ・・・・。

とりあえず、朝4時半に出発してみよーう。
次回に続く。

170610_01.jpg
photo:元気な可愛い女の子。