雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

110706_01.jpg
photo:紙袋1つ1つに絵を描きました。題して、ありがとう袋。


最近、仕事を変えました。

慣れない環境で新しい仕事を覚えようと
あたふたした日々を過ごしてます。

かなり人見知りでテンパってしまうので最初は大変。
今日は電話デビューしました。めちゃ緊張。


気分転換に、会社からミド基地までお散歩。
テキトーに裏路地をうろうろして探検してると
古い家とか発見して楽しくなってくるぞい。

基地では何もせずただ床に座って部屋を眺めてまったり。
今週末から住もうか、
ネット環境が整う来週末からにしようか悩み中。

しばらく落ち着くまで踏ん張っていこうと思います。



p.s. 遅くなったけれど、以前ブログで弱音。を吐いたとき、
メッセージをくれた方々ありがとうございました。
元気をいただきました(^^)
110703_03.jpg
photo:大家さんに「学校どこ行ってるの?」と聞かれ複雑な気持ちの32歳。


入居日初日の朝、6時に目が覚め”もののけ姫”を見て泣きながら準備。
そして家から持ち出したのはダンボール4個と紙袋と椅子。


初めてお部屋の鍵を開ける瞬間、なんかドキドキ。

お部屋に入ってまずは現状の状態の写真を撮りまくる。
もともとフローリングの一部は磨り減ってるし、
シンクも点々があったり、水周りも取れない汚れみたいなのがあるしね。
部屋出て行くときにもともとある汚れで怒られないように(^^)


ミド基地は、”外国の安めのホテル”みたいだなって思った。
設備はあるけど、日本のホテルほどキレイでなくて使えればOKみたいな。


それからエアコンが動くか念のためつけて(動いた!)、
ダンボールをあけて中身を出す。

収納家具がまだないので、とりあえず押入れに並べました。

110703_02.jpg

大学時代の荷物が入ってるダンボールからは、食器がわらわら出てきました。
それに加えてここ何年かで集めた器が加わると・・・・
意外と数が多い!ので使わない食器は再びダンボールに入れてお片付け。

生活用品リストを持って、買い物巡りして少しずつ部屋に荷物を運びいれます。


掃除も頑張りました。
お部屋全体の掃除や水周りのぬめりやカビと格闘。
ガスコンロ(前の住民の置き土産)をもらったので、それも掃除。


それにしても家やお店⇔アパートの往復のしすぎで、マジ疲れた。


実際住むのはまだ先なので家に帰る。
次は洋服類を運ぶ準備しなくてはね。
110629_01.jpg

基地の鍵を手に入れました~。イエーイ。


さて、ここでミドの生活力の無さを事前にお教えしましょう。

実際の暮らしを見てがっかりされる前に、
真の私の姿を教えておかねば。


10年前の大学時代、4年間一人暮らしをしていました。

が、料理をした記憶はほとんどなし。
とにかく料理が好きではなかった。(今も)
というか、食べることに興味がなくて。

半年以上ご飯を炊かない時期もあり、ほぼコンビニかファミレス。
一時期の夕飯は毎日のようにコンビニの同じチョコレートケーキ食べてた。←太った。
毎日同じチョコパンとかね。ひどい時は朝と昼連続とか。
味噌汁はお湯+ただの味噌で作るのではないと3年後くらいに気づく。

掃除・洗濯も一応してたけど、かなりテキトーレベルでした。
男性陣がひいてた気がする・・・。


今でも料理は全くせず、レパートリーは超少ない。

実家にいるってのもあって、
料理、洗濯、掃除に関しては母まかせで完全に避けてきました。
以前、つわりの姉のために料理してたら、
その姿を見て「緑が料理してる~」と笑うほど珍しがってたよ。


ということで、家でずーっと好きなことだけしてきたので、生活力はなし。
スーパーに行くことはほとんどないですな。
コレはまずい。と最近はさすがに思いはじめたよ。


これから私が作る料理がブログに出るだろうけど、単純初心者料理です。
暮らしを楽しんでみたいので家事は頑張るけれど、
不器用な男子と思っていただけるとちょうど良いんではないか。
110626_01.jpg
photo:ミド家の庭。

車のドアを自分で開けて、ドアを顔にぶつけて口の中で血が出たミドです。
いろんな意味で衝撃的だったよ・・・。


さて、ミド基地へは来週末から徐々に荷物を運びいれます。
実際住むのは7月中旬かな。


今回選んだミド基地での暮らしは、
憧れの素敵な女性の一人暮らし♪ではなく、
そこそこ不便で質素なものになると思う。(男子学生的な?)

なんせアパートは家賃1万円台。
このちょっとしたお小遣い的な家賃がおもしろくて、テンション↑
30歳過ぎた女性が選ぶ家賃じゃないですな。

もちろんこの安さなので全てが快適ではないです。
うーむと思いながらも見ないふりした点もちょこちょこある(^^;
まあ、暮らしながら不便日記を書いていくさ。


アパートの費用が安く済んだので、
生活アイテムは安さ重視ではなく、質や見た目重視で選ぶぞい。


入居時に必要なアイテムリストも大分仕上がり、購入も開始。
無印良品やインテリアショップを何度も巡って本当に何が必要か考えてます。

普通の家庭にあるものだからとりあえず買う。のはやめて、
本当に必要と感じてから買おうかなーと。

最初はなるべく最小限で抑えたい。

とりあえずメイン生活家電は、冷蔵庫とジャーを注文しました。コレは必須。
レンジや洗濯機は今のところ未定。

というわけで、着々と準備進めております。
110625_01.jpg
photo:納屋に山菜の入った鍋がありました。


一人暮らしするとき、以前は、

”部屋が2つは欲しいなあ・・”とか、
 (寝室等生活感あふれるものがある部屋とインテリアを楽しむ部屋を分けたい。)

”トイレと部屋が隣接してない間取りで。”とか、
 (友達がいるときとか、トイレの音が部屋に聞こえないように。)

考えてたけど、今回の部屋探しはちょいと違う。


テーマは、「贅沢せず安く暮らす」「写真を楽しむ」。


ってことで、部屋探しのポイントはコレ↓

★家賃(共益費込)&駐車場代で月額計3万以下!

★部屋は1つでOK。ただし8畳以上。
 あまり物ないし、1部屋でいけそうだけど、6畳は狭いので8畳で。

★部屋に窓が2つ以上。南向き。
 写真を撮るため、採光が2面以上欲しい。できれば、1つはガラス戸(ベランダに出る)。
 昼は照明なしで過ごせる明るさ。

★内装はシンプルor古い。
 レトロな雰囲気があるか、主張の少ないシンプルな内装で。壁・天井は白で。

★トイレと風呂は一緒でも可。部屋と隣接OK。
 あまり人を呼ぶこともないなーと。

★床はフローリング。濃いめの茶色でつや少なめ。
★部屋は1つでいい分、1畳分くらいの収納(押入れ)欲しい。
★布団干したいし、ベランダ(サンルーム)はいる。
★夏は薄着で過ごすし、外から部屋の中が見えにくい。

とまあこの条件を当てはめていくと、

「建物が古いか人気のない場所にあるアパートで、2階以上の角部屋」ですね。


というわけで、見つけて決めてきました。
家賃と駐車場代合わせて、約2万5,000円の物件を。まあ、お安い。


ミド基地への引越し準備開始です。