雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

111111_01.jpg

taffeta”さんで行われた、
さかのけいこ”さんの「東北刺し子 菱刺しワークショップ」に参加してきました。

麻の巾着に『なしのもん』という模様をちくちく刺しました。
梨屋の娘としてはなんかうれしい。

何色かある糸から好きな色をセレクト。
濃い緑や紺色(←1番人気)、白色・・・どれも麻の色に合うな~と悩んで選んだのは、
麻と似た色のカーキ(ベージュ?)。

ローズマリーで染めた色。
良い色です。

糸が決まったら図面を見ながらちくちく。
油断すると針を刺す場所がずれてしまうので、超集中。

参加者みなさま黙々と作業しておりました。

111111_02.jpg
徐々に模様ができてくると楽しいですね~。
編み物、縫い物始めるととまらない私なので
この淡々とした作業、好きです。

予想以上に時間がかかったけれど時間内に完成しました(^^)

かばんの中の小物入れにしよう。
111024.jpg

ひなたぼっこして背中&首を軽く火傷(?)したミドです。
グレーのニットが陽を吸収したのか背中が焼けるように熱くなった。
ひりひり痛くて仕事中濡れタオルを首にあててました・・・。


さて、以前「FLAT HOUSE LIFE」という本をブログで紹介しました。
平屋の古い米軍ハウスがこれまた良い味出してるんですよね~。

その著者が出してる雑誌「FLAT HOUSE style」を”BENLLY'S&JOB”さんで発見!
1冊で1件をじっくり紹介しています。
ちょっとずつ楽しもうということで、まずは02号を購入。


そして”Gloini”さんで行われているイベント「antos interiors 展」。
個展をされている方の紹介文に、

”東京福生の米軍ハウスで、日々集めた廃材や古材、流木などを使い家具やオブジェを
制作するユニット「antos」・・・”

と書かれていて、米軍ハウス!古材!これは私好みに違いない。
(この方の家はFLAT HOUSE style 03号で紹介されてると後で知る。)

で、個展へいってきました。


真っ白な空間に、

いくつか古びたテーブルと椅子があり、
テーブルの上には古い本や鉄のフォトフレームや、
ほんのり照らす味わいのある鉄の小さなランプ。

プレートの上に植物があり、
紙箱の中に虫があり、
壁にかけられた古びた風合いの鉄のフレームの中には石があり、

独特な世界が広がっていました。


何週かしながら、気になるものに近づいては、
全体の雰囲気を味わってと楽しむ私。


ああ、あの素敵な世界をうまく言葉で表現できない・・・。

25日(明日)までやっているので、興味がある方は是非行ってみて下さいまし。
110529_01.jpg
photo:雨の日はお寺の中でやってます。


雨降る中、「一箱古本市」に初めて行ってきました。

主計町の源法院で毎月開催されていて、今回で第7回目。
本好きさんが段ボール1箱分の本を持ち寄って販売するイベントです。


ほんわかとした雰囲気にすごく癒されたよ。


小さなお寺の中では店主さんたちと本の入った箱が並んでおりました。
店主さんたちの年齢層もいろいろで、本のジャンルもいろいろ。

どの箱にどんな本があるか分からないので、宝探しみたいでなんか楽しい。

アットホームな雰囲気で店主さんたちとお話したり。
小さなお寺でのささやかな市だからこそ、こうした出会いがあって良いね。
そして、店主さんの一人が以前私の個展に来てくださった方でした~。


私好みの本とも出会えましたよ。
暮らし系の本とものづくりの人の本を購入(^^)


一通り本を見た後はお寺の入口に座って
久しぶりにお会いしただんご商会(collabon)さんとお話ししたり、
雨つぶを浴びる木々ややってくるお客さんを眺めておりました。

いろんな人たちがわきあいあいしてる雰囲気を感じながら、
一人のんびりするのがすごく落ち着くのです、私。

スバラシイことに本だけじゃなくて
お菓子やコーヒーなんかもありまして、
どら焼きやパウンドケーキを食べながらコーヒー飲んでぼーっ。

いろいろ満喫して満足(^^)



本が好きな方は是非一度訪れてみてください。
読まなくなった本やみんなに読んでもらいたい本がある人は1日店長いかがでしょう。


「一箱古本市」

次回開催:6月26日(日) 10時~16時頃(雨天決行)
会場:源法院 境内&門前(金沢市主計町1-6)
出店数:15箱(事前申込み要)

主催&問合先:あうん堂さん
091220_01.jpg
photo:ナンキンハゼ

昨日は大雪にも関わらず、お出かけしてきました。


まずは車を出すために弟に除雪機で除雪してもらって・・・
って、もうそんなに積もってるんかい。

最近良く行く癒しのサロンでお昼寝しつつおしゃべりして、
それから銭湯で体ポカポカ。

うれしい電話もあって、心身ともにゴキゲン~。


そしてメインの”あうん堂”さんへゴー。

あうん堂さんの2階で行われてる「雪の匂い」展を見てきました。
ガラス作家さんと造園家さんの2人が、
ガラスと植物を素敵にコラボさせています。

ギャラリーの白い壁一面に
白い実をつけたナンキンハゼの小枝が散りばめられていて、
ニコニコしちゃう可愛らしい空間。


柳の長い枝には、
リングの形や雪だるまみたいな形をした
ガラスのオブジェがぶら下がっていたよ。

丸いフォルムのコロンとしたガラスの器や
植物とコラボしたガラスのオブジェがあったりと、
心地良いお部屋でした。


造園家のアヤさんと久々の再会。
アクティブなのにほんわかした空気を漂わすアヤさん。

ちょうど他のお客さんがいなかったので、
コーヒーとケーキを2階に運んでもらって
コーヒーで温まりながらアヤさんとお話しました。

それから本を読んでゆっくりとした1人の時間を。


リラックスした幸せな1日。
081007_01.jpg
10月3日~11月3日まで開催している、

ひと・わざ・暮らしの町家展「町家周遊 2008 」

に町家を拝見できるイベントがあります。
古い家好きの私としては、なんて興味深いイベントなの!!

4、5日とAyaさんの家が会場になっていたので観に行ってきました~。
家具ディスプレイは”phono”さん!
これは絶対見逃せませんな。


ひさびさのAyaさん宅は、
ヨーロッパの古家具と和の空間が素敵にコラボしたお家になっておりました。

椅子や照明のデザインがちょい個性的なのに、
ちゃんとお部屋に溶け込んでいて、よい感じです。

以前お伺いした時は落ち着いた和テイストで、
のんびりしたくなる感じが好きだったのだけど、こういうのもアリだねー(^^)

縁側に座って苔庭を眺めながら読書とかいいよねー!!
ここでカフェとかやったら、絶対行くゾイ。
081007_02.jpg