雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170408_01.jpg
photo:白駒池に立つミド。

ノド付近に大きな口内炎が2つできてブルーなミドです。
ごはん食べるとイタイ・・・。ビタミン取ろう。

冬の日記を残すべ。ってことで、クリスマスの思い出でも。


2016年のクリスマスは3連休。
今年もどこか旅をしたい。

今シーズンから始めたかった雪山登山をしようかな。
さすがに1人はダメなので、ツアーを検索。
雪山初心者の行けるツアーは・・馴染みのない遠い山ばかり。
交通手段等も考え、八ヶ岳にしました。
軽アイゼンで渋の湯~白駒池~茶臼山~縞枯山を縦走します。

雪山装備を一から揃え始めて、いざ当日。
集合して、登山口の渋の湯へゴー。
ほんのり雪が降ってる。

170408_02.jpg

ガイドさんがいるので、1人登山とは違う安心感。
でも団体行動なので、ついていけるかが心配だー。

アイゼンをつけて歩行開始。
雪はそんなにないけど、所々凍結してる。
樹林帯を歩き、岩だらけの賽の河原へ。
だんだんと空が晴れてきました。

170408_03.jpg

岩がゴロゴロ。
よいしょよいしょと登ります。

けっこうゆっくりペースで3時間が過ぎ、高石小屋に到着~。

170408_04.jpg

ここは揚げパンが名物のようで、多くの人が揚げパンを注文。
あとで、一口分けてもらいましたが、ふわっとしておいしい!
女子限定ツアーだったので、みんなキャッキャしてました。

次に向かうのは白駒池。
しばらく下って・・・到着。

170408_05.jpg
photo:ガイドさん。

凍ってました。
けど、まだしっかり凍ってるかは不明で奥にはいけず。

みんなで撮影会です。

それから、この日のお宿”麦草ヒュッテ”へ。

泊まる部屋は個室に女3人。
コタツがある!ストーブある!えっ、快適すぎる!
夏の山小屋泊と違いすぎます。
金沢、大阪、東京から来た3人がコタツに入ってまったりトーク。

夕飯はたくさんあったけど、頑張って食べきりました。
そして別ツアーと合同でプチパーティ。ビンゴゲームで景品ゲット。
ワインを飲んで、プレゼントいただいて楽しいイブの夜やった。

2日目に続く


170401_01.jpg
photo:白い世界。

新年度になりました。
ようやく仕事が落ち着いてきたミドです。
少しずつ体力回復せねば。


さて、西穂丸山旅2日目。
指定された朝食時間は、朝5時半!早起き!

そして、雪が降っていました。
事前に天気図を見ていた時は、雪が降るなんて思ってなかった。
オーナーさんが気象の説明をしてくれました。
山の天気は、下界とは違いますな。

170401_02.jpg

早く出てもなーってことでしばし山荘で待機。
冬季は洗面所の水が出ない。
ペットボトルの水を使って、歯磨き。

前日より厚着して出発しました。
雪で遠くは見えず、風も強くて、ザ・雪山って感じです。

近いので、あっという間に丸山到着。

170401_03.jpg

周りは何も見せません。
山頂方面をパチリ。ただの白い景色。

170401_04.jpg

山頂や独標へ向かう人たちが白い世界へ。

もっと歩きたいけど、装備も不十分なので引き返そう。
まったりと下山していると、一瞬視界が良好に。

170401_05.jpg
photo:真ん中あたりが丸山。

美しいです。

山荘に戻り、すぐ下山してロープウエイ駅へ。
駅周辺にある雪の回廊を散歩しました。
雪の壁、テンションあがる~。観光客もはしゃいでました。

170401_07.jpg

あっという間に山旅終了。
楽しかったな。

170318_01.jpg
photo:でっかい雪だるま。

車より電車移動が楽になってきたミドです。
隣県の福井ですら電車で移動するようになってきました。

3月18日は誕生日。
山で過ごしたくて出かけてきました。

場所は、西穂高岳。
の山頂より、ずっと手前の西穂丸山が目指す場所。
雪山入門コースで、経験者さんも一緒です。

170318_02.jpg
photo:ロープウェイ駅の展望台から。

ロープウェイに乗って、標高2,156mの西穂高口駅へ。
青空を期待してたけど、空は白い~。残念。
夏に登った時のよい天気の日記はコチラ

まずは、山荘へ。
アイゼンをつけて2時間ほど歩いて到着しました。

170318_06.jpg
photo:山荘前にはテントがいっぱい。

山荘前の雪だるまを発見!
わーい、写真を撮ろう。

そして、丸山へ出発。
稜線に出ると、風がビュービュー・・寒い!
風が冷たくて、顔が痛い。

山荘から30分くらいで丸山に到着しました。
標高、2,452m。

笠ヶ岳をバックにパチリ。

170318_03.jpg

山頂方面もパチリ。
独標やピラミッドピークが見えます。

170318_04.jpg

夏山とは違う景色。
雪山は美しいけど、怖さもありますな。

131001_06.jpg
photo:夏。というか秋の景色。

凍りつくような冷たい風を浴びながら、山荘に戻りました。
夜は西穂山荘でお泊り。
外は寒いけど、毛布2枚+掛け布団であったかくて快適ですぜ。
お酒で酔いながら、9時就寝。

翌朝もまた丸山に行く予定。雪が降るそうです。
2日目に続く

170318_05.jpg
photo:西穂山荘。遠くに焼岳。
161114_01.jpg

山道具を見るとテンションが上がるミドです。
テント装備一式欲しいなー。


さて、荒島岳登山の続き。

登り始めて3時間半くらい、荒島岳頂上に到着!
標高1,523mからの眺めはなかなかです。
白山もいい感じで見えますな。

遠くには御嶽山と乗鞍岳が見える。

161114_02.jpg

暖かいし、風も穏やか、天気も良くて山日和!
山頂には結構登山者がきていました。

161114_03.jpg

お昼だし、頂上でゴハンを食べましょ。
念願の山頂でカップラーメン~。
お湯が沸くのをワクワク待ちます。うへへ。

161114_04.jpg

沸いた!ラーメンできた!
ズルズル、うまいな。

ミッションクリア。

それでは下山です。
急坂の下りは滑りそうだし、段差が大きくて大変。
しゃがまないと下に足が届かない所もある。

せっせと下り、シャクナゲ平に戻ってきました。
ふう。ここからは比較的穏やかな道。

小荒島岳に寄って、荒島岳の写真を撮っていこうっと。
途中で、山頂で撮りあった人がきて話しながら歩きました。

小荒島岳到着。
ここから荒島岳の姿が見えます。

161114_05.jpg

良いお姿ですな。

それでは帰りますか。
ここからの下山は疲れました。
地面が濡れてると滑りやすいから力が入ってしまうよ。
久しぶりに使った登山靴で靴ずれしたー。

昼2時半頃登山口に帰ってきました。
足が痛いよー。
下山中に親切な方にもらったみかんをほおばります。
美味しい。

さ、家に帰ろう。

161114_06.jpg
161110_01.jpg
photo:秋の登山道。

月曜にお休みを取っていたミドです。
土・日・月の3連休に山と空に行きたいってことで天気をチェック。
土曜と月曜は晴れ予報!風はどうかなー。

よし土曜は山、月曜は空にしよう。ってことで、また山日記です。


前回乗鞍で山散歩をしたら、景色は大満足だったけど・・・。
短時間で登頂できて、ちょっと物足りなかった。
体力つきそうな山に登りたいよー。

しかし、11月に入ってすぐ、山々に雪が降りました。
もう高いお山にはいけません。
そこで、以前から気になっていた山に行くことにしました。

福井県にある日本百名山、荒島岳。1,523m。

今までに比べると低めの山だけど、
登山口からの標高差は1,100mあって結構キツイらしい。

早起きして、中出登山口からスタートです。

最初は車も通れる林道を歩きます。
途中から、登山道へ。

161110_011.jpg

もくもくと登山道を歩きます。
1時間ほど歩くと、いい感じの紅葉が~~。
秋色の道。素敵。

161110_02.jpg

遠くにはこれから行く荒島岳が見えた。
まだまだ登らねばなりませんな。

161110_03.jpg

2時間ほど歩き、分岐点のシャクナゲ平に到着~。
勝原スキー場から登ってきた人たちとの合流地点です。

161110_04.jpg

おー、白山が見える!!

161110_05.jpg

雪をまとって、すばらしい眺め~。
まあ、この時点ではどっちの山が白山か分からなかったけども。えへへ。

さて、ここから山頂までに「もちが壁」ゾーンがあります。
注意が必要らしいけど、どんな感じなんだろう。

もちが壁スタート。

161110_06.jpg

ロープとクサリが設置された、急坂。
よいしょ。よいしょと登ります。
確かに壁っぽいですなー。

161110_07.jpg

こういう急な箇所が、山頂に行くまでにちょくちょく出てきます。
アスレチックみたいだ。

161110_08.jpg

ひと段落すると、なだらかな道に。
ふー、大分登ってきたーー。
山頂もそろそろなのではなかろうか。って山頂はどれかな?

161110_09.jpg

遠くに見えるのは、御嶽山。
先週乗鞍から見たときとは、山の形が違いますな。

白山も何度も何度も眺めました。
すばらしいんですもん。

同じペースで歩く方と、会話を弾ませながら進みます。

161110_010.jpg

下を見ると、登山道や大野市が見えます。
頂上まで、あとちょっと。

後半に続く