雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

080429_03.jpg

今日は新竪商店街にある”ギャルリ ノワイヨ”さんに行って来ました。

作家さんの器を中心に布・革小物等が並ぶ、昔ながらの空間。
雑誌等の金沢を紹介する記事で、何度かお見かけしてるので知ってる方も多いはず。

1年半前に初めて訪れた時は、
まだ作家さんのモノに目覚めていない私だったのだけど、
この空間を眺めていたくて、
たった1つのテーブル席を占領してコーヒーを飲みました。

それ以来、席が空いてる時はコーヒーを飲んでおります。
080429_04.jpg

作家モノが気になりだしてからは、
器を手に取ったり、作家さんの名前をチェックしてみたり。

今気になっているのは革の靴と真鍮のスプーン。
どちらも形が可愛くて・・・。

ノワイヨさんを出た後は散歩タイム。
犀川の河川敷をテクテク歩きました。

のんびりな休日~。

ギャルリ ノワイヨ:http://po4.nsk.ne.jp/~noyau/
080429_01.jpg

先週”タユタフ”さんに初めて行ったとき、
心惹かれるモノたちの中から連れて帰ることにしたのはこの木箱。

ポイントは取っ手が革なのと、
金具をスライドさせて開閉するところ。

サイズはA4サイズよりも小さめで、絵の具か文具入れだったのかな?
080429_02.jpg

アクセサリーケースとして現在使用中です。

朝、この中からネックレスを選んてお出かけ。
アクセサリーって以前はいろいろ持ってたけど、最近使うのはこれくらい。

これで、棚の上がスッキリしました♪
080428_01.jpg

やもり市”のタユタフギャラリーで出会った
手のひらサイズの水筒みたいなモノ。

見たときに、ドライにした植物を飾る様子が頭に浮かんで
連れて帰ってきてしまいました♪

実用的な古いモノしか買わない!と言ってた私なのだけどね・・・(^^;

ドライユーカリの枝や葉をイメージに合わせて減らし、
少し物足りないくらいの寂しげな感じにして飾る。

出会ったときに頭に浮かんだイメージとぴったり。

普段使いの器たちと同じ棚で暮らしております。
080427_03.jpg

やもり市の帰りに”HOME'S MARKET”さんへ寄りました。
おにぎりを発見し、お昼ゴハンにといただく。

そういえば、最近発売した「金沢カフェ帖」の一番最初に紹介されていましたね~。
クラビズムでもドーンと1ページにカフェスペースの写真が掲載されていてビックリ。

080427_02.jpg

1階のイギリスアンティークなどが置かれている、おもちゃ箱みたいな雑貨スペースです。


「2階でフリーマーケットしてますよ」とのことで2階へゴー。
2階の1室の床にHOME'S MARKETさんのお客さまが持ち寄ったモノが並んでいました。
子供の服や靴、グッズ、大人服、雑貨などがあり、目に留まったのはリネンのワンピース。

お客さまの手作りだそうで、値段がお店で見かける価格の半額以下とお手頃!
早速試着しサイズも良い感じだったのでお買い上げ~。
ワーイワーイ。

普段は見れない2階でやってるこのフリマ、5月6日までしてるそうですよ。
080427_01.jpg
photo:ゲットしたリネンのワンピ。

HOME'S MARKET:http://www.homesmarket.jp/
080426_01.jpg
photo:2階は古道具タユタフさんのギャラリー

すっごく楽しみにしていたイベント”やもり市”に行って来ました。

古い町家が今日と明日の2日間、
カフェ、ショップ、ギャラリー、ワークショップ
になります。

先日紹介した”古道具タユタフ”さんや”緑草文庫”さんが参加しているとなれば、
これは行かないと!と思い、朝からドライブ気分で出発~。

080426_04.jpg

かなりツボな建物”やもりもや”に到着。

イメージキャラクター”やもりもん”が描かれたのれんをくぐり、
ワクワクしながら中に入りました。

080426_02.jpg

1階では、作家さんの小物やお菓子やお弁当、お野菜などが販売。

縁側で”緑草文庫”さんのコーヒーを飲みながら、庭を眺めてのんびり・・・・。
080426_03.jpg

この建物、雰囲気がとても良いです。

2階のタユタフさんギャラリーは、
お部屋の雰囲気と古道具がいい具合にマッチしていてかなりツボ。

写真展にいらしてくれた方やサイトを見てくださってる方、
先週紹介した”マンダリンヌ”さん一家にも遭遇しました~。

古いモノ好き、カフェ好き、まったり好きさんにはオススメのイベントなので、
おもしろそうと思ったら行ってみてくださいなー。
自休自足さんが取材にいらしてたようなので良いのではないでしょうか(^^)

近くに住んでたら明日もボーっとしにいくやろうなあ。
友人たちよ、行くなら私も連れてって~(笑)

やもり市の案内:http://yamoriclub.exblog.jp/8660284/
080421_01.jpg

タユタフさんに寄った後、向かったのが”竹の浦館”。

廃校となった古い木造校舎。
今は地元の人たちの交流の場として利用されています。

木造校舎が気になりまくりの私なので、
以前雑誌で見かけて以来、行こうと決めてました。

080421_02.jpg

1階は食堂や地元の酒や食べ物を販売している物産販売所があり、
2階は工芸体験室やパソコン教室があります。

2階の廊下の雰囲気はとても素敵です。

毎月イベントをやっていて、草木染めや豆腐・味噌作り教室がありますよ。
なんだか楽しそう~。

食堂でおばちゃんたちが作ってくれたソバを食べました。

古き良き建物がこれからも大切にされるよう、お客さんとして貢献していくぞい。

080421_03.jpg

竹の浦館:http://www1.kagacable.ne.jp/~musojuku/
080420_03.jpg
photo:玄関からお店の中を見たところ

ひがし茶屋街から少し歩いた所にある
焼き菓子屋&カフェ”マンダリンヌ”さんに行って来ました。

こじんまりとしたレトロなお家。

ドアを開けて、
「普通の人の家?」と思うような生活感が感じられる空間に、
これはのんびり過ごせそうだ。と心が躍りました。

奥の6畳ほどの和室がカフェスペースで、テーブル席が2つ。
080420_01.jpg

ソファに座って焼き菓子とコーヒーを注文しました。

無造作に本が積まれた本棚。
レトロな家具やカチコチと時を刻む時計は昭和の空気プンプン。

いろんなモノが所狭しと並び、それが家っぽく感じられて落ち着きます。

クッキーはサクサクしてておいしかった~。
オーナーさんのお子さんたちが四葉のクローバーをいっぱい見つけてきました♪
お店の方と常連客さんとほのぼのおしゃべり。
080420_02.jpg


「マンダリンヌ」
住所:金沢市鶯町33-1
電話:076-251-7940
休み:不定休

※ウワサによると大体の営業時間は、
火曜~金曜が午後1時~4時、日曜午後3時~?時みたいな感じですが、
確定情報ではなく、あくまで目安です。
行く前に電話等で確認していくと良いです。

マンダリンヌ:http://sky.geocities.jp/mandarinecafe/
0804219_04.jpg

先月”緑草文庫”さんで見つけた古道具”タユタフ”さんのDM。

錆びた金属の上に錆びたハサミが乗っている写真で、
「店の顔であるDMに錆びたハサミを選ぶとはなんて渋いっ」
と私のツボにはまり、本日行ってまいりました。

0804219_03.jpg


錆びたカギ、ハサミ、入れモノ、古いカバン、木のモノ・・・・。

程よい距離感で古道具が並び、
時を経たモノたちの味わい深さと空間の素っ気なさの絶妙なバランスが心地良い。

よくある骨董屋さんは和柄のものやいかにも骨董らしいものが多く、
私の好きな素朴なもの、錆びたもの、かわいらしいものはあんまり出会えない。
タユタフさんはそんな私好みのものを集めた感じ。

来て良かった。

オーナーさんはいい意味で予想を裏切りかわいらしい方で、
2人で椅子に座ってのんびりトーク。
私の好みを知ってもらおうとお渡しした”味モノ”を気に入ってくださり、
とても楽しい時間を過ごしました。

0804219_05.jpg

収納用のカワイイ木箱を購入。
また後日お披露目しますね♪

「古道具 タユタフ」
住所:922-0047 石川県加賀市大聖寺中町48
電話:0761-72-0555
時間:13:00~19:00
休み:不定休(木曜は定休日)
駐車場:3台あり
備考:金沢から8号線を福井方面に進み、交差点”花房”で右折。まっすぐ進み(途中2又になったら左の道を進む)、図書館前を通過し突き当たったら左折。信号のあるの交差点”中町”にあるガラス張りのお店がタユタフ。駐車場は、交差点”中町”で左折して、ちょっといったら左手にある広い駐車場の右奥。
080415_01.jpg

コーヒーをいれる定番ポットと言えばコレ。
月兎さんだよね。

おそらくこのサイトを見てる人で持ってる人は多いんじゃないかな。

ハンドドリップを始めたら月兎のポットと買おうと決めたのはいつだったろうか。
ようやく購入にいたりました。

ちょっと前なら茶色を買っていただろうけど、今の私は黒をセレクト。

お部屋にしっくり馴染んでおります。
080405_01.jpg

飾るモノより収納するモノや道具など使えるモノ
をおうちに連れ帰ることが多い。

ってことで、この古いケース。

昭和30年代のもの。
金沢古民芸会館で購入しました。

このケースで何を入れたかったというと、
年金手帳と年金支払いの領収書たち。

封筒に入れてたけど、年金手帳はこれから何十年と持っているもの。
どうせ何十年も収納するならそれなりに丈夫なものがいいので、
布か革のケースが欲しかったのです。

新品よりリサイクル。ってな感じで
骨董屋やリサイクルショップで探してみる。

で。出会いました。
お値段も結構お手頃。

渋いっしょ。

中に入ってた昭和30年代の領収書や紙を取り出し、
年金手帳たちを収納しました♪
080402_01.jpg

先日訪れたコーヒーの飲める図書館”緑草文庫”さん。

壁の棚には、小説や雑誌、リトルプレスが並び、
古いガラス戸の棚には器や販売してる本が置かれています。
本は、”アルネ”や”日々”、クウネルなどの惹かれる雑誌もあり、
近くにあったら何度も通ってしまいそう。

ソファ席が1つと壁際のテーブルに椅子が2,3ほどと席数はあまりない分、
静かに読書に集中できます。
オオヤコーヒーやうづらやさんのお菓子をいただくことができるのもポイント高し。

古いモノたちのいる空間は私にはとても落ち着く場所で、
良い所だな。としみじみ思いました。

お店と同様に印象的だったのがオーナーさん。

良いと思うモノや人をとても大切にされている温かさと、
好き・嫌いははっきり言える揺るぎない信念みたいなものを感じ、
正直に生きてるところが素敵だなと。

緑草文庫さんに行ったら、緑草だよりも是非手に取ってみてくださいね。
コラムや本の紹介が載っています。
こういうの考えるの楽しそう~♪


図書館ってことで、誰かにあげようと思ってた本たちを何冊か寄贈してきました。
読まなくなった本をこうしてまたいろんな人たちに読んでもらえるって良いですよね。


さて、事前に言っておくと
”撮影禁止”&”12歳以下は入店できません”&”携帯はマナーモードで”
なのであしからず。
そして、トイレのドアの取っ手(つまみ?)は左にスライドすると開きます(笑)
開け方分からなくてオロオロした私(^^;

友人とおしゃべりするためのカフェとしてではなく、
好きな本をゆっくり読みたい人におすすめです。

緑草文庫:http://blog.ryokuso-bunko.com/