雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

080615_02.jpg

ハンカチは、もっぱらタオルハンカチ派の私。

薄いハンカチはあまり吸水力がない気がして、
パイルのあるタオル地を選んでばかりだったのネ。

そんなワタクシなのだけど、
先日岐阜を旅した際にリネンガーゼのハンカチが気になり数枚購入。

リネンは吸水性あり&乾きも早いのが特徴で、
実際に使ってみるとその通り!でした。

薄っぺらいんだけどしっかり吸水してくれるし、気がつくと乾いてる♪

これなら良いね(^^)
080614_02.jpg
photo:円工房さんの器

今月発売した自休自足のテーマは”古き良き街に暮らす”。

この特集に、加賀市大聖寺の円工房さんが紹介されています。
先日行ったやもり市の開催場となった家の土蔵にお住まいの陶芸作家さんご夫婦。
全国誌に地元の街や人が紹介されているとうれしいですねー。

今日は円工房さんの器たちと
加賀の家具作家佐竹さんの作品が並ぶ、
「小さな小さな展覧会」を見に”タユタフ”さんへ行ってきました。

お店に入ると見知った顔が。
造園家のアヤさんに出会いました。偶然~♪

080614_03.jpg
photo:佐竹さんの作品

古い棚に白くやさしい雰囲気の器がずらーりと並び、
机の上には無垢の木の器やカトラリーが。

バスタブ型(個人的には医療用トレーっぽい)の器が以前から気になっているのだけど、
今回はコーヒータイムのお菓子用豆皿を選びました。

このステキな「小さな小さな展覧会」は明日の15日が最終日。
6月15日 13:00~17:00
ドライブがてらに行ってみて下さいませ~。
080607_02.jpg

部屋の真ん中を陣取っていたテーブルを片付けてから、
部屋が広くなったし、
ストレッチしたり寝転んだりできるようになった。

パソコンはデスクの上に置いてあるので、
テーブルがなくてもそれほど不自由はしないのだけど、
必要なときだけコップやモノを置く小さな台があると便利だなーと。

で、見つけたのがこの台。

ノートパソコンくらいの小さなサイズなので場所を取らないし、
普段は折りたたんで立てかけておけるので、
せっかく伸び伸びできるようになったこの床のスペースを削らなくて済む。

使う前はサイズが小さいかなと思ってたけど、
実際2週間使ってみて充分使い勝手が良さそう。

今日はゴリゴリコーヒーを挽いて、お部屋カフェを楽しみました♪
080607_03.jpg
080607_01.jpg

見た目がかわいい雑貨よりも、
例えば、このコットン入れのように、
普段使ってる何気ないものを部屋にしっくりくるように
ディスプレイできるとなんかうれしい。

よく使うものを隠さないで済む。ということは、
手にしたり、取り出したりしやすいので、
日常生活において使い勝手もよくなります。

今お気に入りのディスプレイは、
古い棚の結構良いポジションを陣取っているハンカチたち。

無印のタオルハンカチや
リネンガーゼのハンカチを
ホウロウのボウルの放り込みました。

朝取り出しやすいし、便利ですな。


※当面の間、コメント機能をなくすことにしました。過去のコメントは見れます~。
080602_01.jpg
photo:本物のお花で造られたブローチ。

部屋にはいくつかドライにした草花が飾ってある。

アジサイ、キングプロテア、千日草、ユーカリ・・・。
生きてるときの艶やかな色合いも好きだけど、
ドライにして徐々に色素が抜け茶色っぽくなったのもいい感じ。

そんなドライな植物が頑丈であれば、
服やバッグにつけたり、
アクセサリーにしたいのになあって思ってた。

そしたら、ありましたよ。

先日旅先でたまたま入ったお店には、
お花のアクセサリーやブローチがいっぱい並んだ工房でした。

「これ本物のお花なんですよ」と店主。

特殊な技術で、本物のお花や植物をコーティングしたそう。
バラやくちなし、つくし、木の実など、
美しい形・色を留めたままアクセサリーになってて
珍しくていろいろと手にとって眺めました。
きちんとコーティングされているので、多少の衝撃にも強くしっかりした造り。

本物の植物ってだけではそこまで惹かれなかったんだけど、

”時間が経つとドライフラワーのように徐々に色素が抜けていく”

ってところで欲しくなってお買い上げ。

実際に一年経過したバラのブローチを見せてもらったのだけど、
いい具合に茶色くなっておりました。
これならアンティークやナチュラルなものたちとピッタリ。

クリーム色のこのブローチが、
これからどんな風に変化していくのか楽しみですな~。