雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

110530_01.jpg

テレビ台になる家具とかないかなーと探していて、
TORi”さんの倉庫にあったチェストに決めました。

全体も持ち手もまっすぐで自己主張おさえめなのがイイ。
ミド部屋の古家具たちとも仲良くできそう(^^)

なんとなく器を並べて写真を撮ってみたけど、
普段はテレビが乗ってます(1番下の写真参照)。


このチェストの引き出しには、
毎日のように手に取るものを入れることにしよう。

ってことで、上の段はメガネや編み物道具。
下の段は靴下を入れることにしました。

110530_02.jpg


こまごましたものが収納されてお部屋すっきり。
毎日引き出し開け閉めして、いっぱいチェストさんに触れてます。フフフ。


テレビの位置がほど良い高さになったので姿勢がよくなるかな。

お部屋のど真ん中にどーんと黒いテレビがいて、
お部屋の雰囲気がイマイチになっちゃうけど、
パソコン環境が快適なのでまあ良いか。

110530_03.jpg
110530_04.jpg
photo:狭い路地とかなんか落ち着く。主計町。


仕事終わって家に帰り、お風呂でリラックスしてた時の出来事。
湯船に浸かり”あったけ~”とほっとした瞬間、

「ガタゴトッ!!」

ユニットバスの壁のすぐ近くで大きな物音が。

「ガタガタッゴトゴトッ。」

その音源はだんだん上へ上っていき、
明らかに天井のすぐ上を何か動いてる音が
風呂場に響いておりました(^^;

あまりに音が近かったので、
外壁とお風呂の壁の間に何かが入りこんだのかな・・?

音の大きさからするに大人の猫サイズ。近所の猫?


しばらくすると静かになったのでほっとしていたら、
何分後かに再び天井の上を動いてる音がして、壁を降りてる音が。

「ガタガタッ!!ゴトゴトッ!!!」

”音でかい!近い!なにこれ!!”
とっさにバスタオル巻いて、メガネかけて、風呂場の窓を開けました!


・・・いた。


窓の下を見ると、茶色の大きな動物が背を向けておりました。
「おーい。」と声をかけるととまってキョロキョロ。
110530_05.jpgうろおぼえ画:ミド

「顔とんがってるけど、たぬき?こんな所で何してるの?」

しばしこっちを見てから
ゆっくりと立ち去ってくたぬきに「おーい。」
って声をかけると、私の方に向かって少し戻ってきました。

人が怖くないのかな。

いろいろ話しかけてたけど、彼(?)はゆっくり歩いて消えていきました。
110529_01.jpg
photo:雨の日はお寺の中でやってます。


雨降る中、「一箱古本市」に初めて行ってきました。

主計町の源法院で毎月開催されていて、今回で第7回目。
本好きさんが段ボール1箱分の本を持ち寄って販売するイベントです。


ほんわかとした雰囲気にすごく癒されたよ。


小さなお寺の中では店主さんたちと本の入った箱が並んでおりました。
店主さんたちの年齢層もいろいろで、本のジャンルもいろいろ。

どの箱にどんな本があるか分からないので、宝探しみたいでなんか楽しい。

アットホームな雰囲気で店主さんたちとお話したり。
小さなお寺でのささやかな市だからこそ、こうした出会いがあって良いね。
そして、店主さんの一人が以前私の個展に来てくださった方でした~。


私好みの本とも出会えましたよ。
暮らし系の本とものづくりの人の本を購入(^^)


一通り本を見た後はお寺の入口に座って
久しぶりにお会いしただんご商会(collabon)さんとお話ししたり、
雨つぶを浴びる木々ややってくるお客さんを眺めておりました。

いろんな人たちがわきあいあいしてる雰囲気を感じながら、
一人のんびりするのがすごく落ち着くのです、私。

スバラシイことに本だけじゃなくて
お菓子やコーヒーなんかもありまして、
どら焼きやパウンドケーキを食べながらコーヒー飲んでぼーっ。

いろいろ満喫して満足(^^)



本が好きな方は是非一度訪れてみてください。
読まなくなった本やみんなに読んでもらいたい本がある人は1日店長いかがでしょう。


「一箱古本市」

次回開催:6月26日(日) 10時~16時頃(雨天決行)
会場:源法院 境内&門前(金沢市主計町1-6)
出店数:15箱(事前申込み要)

主催&問合先:あうん堂さん
110521_03.jpg
photo:21世紀美術館側の入口。かわいい。

以前倉庫(倉庫の記事はこちら)を紹介した、
21世紀美術館すぐ側のヴィンテージ家具屋”TORi”さんのお店に
購入したチェストを取りに伺いました~。


美術館周りの芝生をちょいと歩くと入口があります。

大通り側にあるガラス張りの正面口も良いのだけど、
芝生とこじんまりとした感じのこっちの入口がツボです(^^)

110521_01.jpg

中に入ると、北欧ヴィンテージ家具がお出迎え。
オーナーさんが自ら買い付け、メンテナンスされています。

シンプルなデザインの他にも、
独特な雰囲気を漂わせてるデザインのものもあって
インテリアにこだわりを出したい男性にもおすすめだなと思います。

個性的なデザインの照明とか
部屋の雰囲気をガラリと変えてくれそう。

110521_02.jpg
家具だけでなく、食器や雑貨もありますよ(^^)


お店の写真撮ってる時、
印象的な女性のお客様がお買い物されていたのですが、
21世紀美術館をデザインされたSANAAの”妹島”さんだったそうでビックリ。
テンションあがりました。


TORiさんのブログ:http://blinddesign.jugem.jp/
110519_01.jpg
photo:今回編んでみたBタイプ(上)、前回編んだAタイプ(下)

靴下作りの参考本「手編みのソックス」には、
かかとの部分の編み方が数パターン載ってます。

最初は見た目すっきりのAタイプ(写真下)をやってみたけど、
ほかのパターンも試したいなとBタイプ(写真上)を編んでみた。

Bタイプの方が足の形にあってるみたいで
歩いていてもずれにくそう。

伸縮性が低いからよりフィット感のあるBタイプの方がいいのかなあ。

つま先部分も違う編み方でしてみたけど、
これはどちらでもいい気がする。


ちなみに、この本には5本指ソックスや足袋ソックスの編み方も載っております。
いつかチャレンジしてみよう。
110515_01.jpg

私は、昔から自分否定派です。

人は完璧じゃないって分かってるけど、
ちょっとした自分の言動にうじうじしたり苦しんだりする。

完璧主義の未熟者。


自分であることに、時折くじけそうになるよ。


ありのままの自分でいいって心から思える日がくるのかな。
110515_02.jpg
photo:ニワトコさん。

まったり浅野川付近を散歩してきました。

本日のお目当ては先月OPENしたばかりの”ニワトコ”さん。

ショップカードがかわいくてHPを見てみたら、オーナーさんの名前に見覚えが・・・。
以前ミドズカフェの個展に来てくださった方だ。と気づいて、これは行きたい!と。

近くのコインパーキングに停めて、お店へ。


白と淡いブルーの明るくすっきりとした店内。心躍ります。
ふと映画”かもめ食堂”を思い出しました。


「葉玉葱と豆腐の揚げ出し」がメイン週替わりランチをいただきました。
おいしかった~(^^)

ランチタイムは続々とお客様が来て満席状態なので一旦脱出。

110515_03.jpg
浅野川沿いを散歩。
癒しを求めてるせいか、自然の中でぼーっとしたくなります。

河川敷に座ってしばらく編み物してました。
近くでは自転車乗ってた外国の方が道に寝転んで休憩。
カラスがやってきて、川の水をゴクゴク。

ぼー・・・編み編み・・・ぼー・・・編み編み・・・。

そして”あうん堂”さんでまったり。
私と同じようにニワトコ→あうん堂さんのお客様がいて、少しお話しました。
わきあいあいでほのぼのデス。


主計町を通って、再び”ニワトコ”さんへ。
カフェタイムはゆっくりするぞい。

そうそう、オーナーさんは私を覚えててくださいました。
そして、いらしてたお客さんのSさんがミドズカフェを見ていてくださってたのです。

わーい、うれしい。で、みんなでトーク。

許可をいただき、店内の写真をパチリ。



いろんな人とお話して心癒された1日。

ニワトコ:http://niwatoko.jp/


110515_04.jpg
photo:ニワトコさんの外観。
110514_03.jpg

できましたぜ、リネンのソックス。
手作り靴下第一号。

普段は雑貨屋さんで売ってる3足1,000円靴下を愛用してるけど、
ナチュラル服本で見るようなリネンのソックスも履いてみたかったのです。

くたっとしたナチュラルな雰囲気になったかな。

イメージに合う糸を探してコレだ!と決めたのが
リネン100%のクローバーさんのエアリネン(中)

まあ、毛糸代だけで1足3000円超えましたよ。


実際に履いてみるとこんな感じです。

110514_02.jpg

予想以上にちゃんとフィット。

ただ、市販の靴下と違って伸縮性は低いので、長く履いてるとずれないか心配・・・。
たくさん履いて、耐久性とか履き心地がどんな感じか体験しよう。
で、丈夫だったらまたこの糸で作ってみようかな。


第一号なだけあってウーンって思う部分もありますが、
ちゃんと完成したことにパチパチ。

これ履いておでかけしてこよう(^^)
110513_01.jpg


やたら編み棒が増えたので、収納袋を作りました。


着なくなった麻のボトムをテキトーにはさみで切って布を調達。

なんとなくで切って
テキトーに縫ったので
すばやく完成。

作りは・・・な感じですが、それも味ってことで。
110511_01.jpg
photo:ひらみぱんさん。右にオヨヨ書林さんがあります。


天気の良い日に金沢の中心街にあるせせらぎ通りを散歩してきました。

お目当ては”ひらみぱん”さん。


大正時代の鉄工所を利用したお店ということで、
古い建物好きな私としてはいかずにいられません。

てくてく歩いて”ひらみぱん”さんを見つけたときはテンション↑。

ふと見ると同じ建物の一部(たぶん)に古本屋さんもありますよ。
名前が可愛い”オヨヨ書林”さんです。


ドキドキしながら、ひらみぱんのお店の中へ。

お店に入ると小さなカウンターとパン販売のコーナーがあって、
奥にカフェスペースがあります。

並んでるパンの中に、アスパラとベーコンのキッシュが。
すげーおいしそう。

ってことでキッシュとコーヒーでまったりしてきました。

110511_02.jpg

ひらみぱんさんの数件横にあるお店”Gloini”さんにも行ってきました。

ヨーロッパのヴィンテージチェアや家具、
テーブルの上にはシンプルな食器や生活雑貨が。

私が気になったのは、日本で作られた手作りの鋏。


せせらぎ通り、素敵なお店が集まってプチ散歩におすすめですな。
110509_01.jpg

お散歩日和な時期になってきました。


アウトドア派ではないので、
完全なる野生の森は怖いけれど、

公園や人の気配が感じられる自然の中でボーっとしたい。


ふと、映画「めがね」を思い出し、
どこか日常と離れた場所で
のんびりただ時間を過ごしてみたい。と思い

トラベルサイトをいろいろ見てた。


カメラと編み物道具を持ってどこか行こうか。
110508_01.jpg
photo:ハヤトがくれたお花をインクビンに。


私はたまに自分の寝言にびっくりして起きます。
寝言と言っても、言葉じゃなくて

「ん」←口閉じた状態で声を一瞬出してる

って突然言うのがいつも。
なので、しゃべるような寝言は言わないと自分では思っておりました。

なのに今日は違ったよ。

夢の内容はイマイチなので省略しますが、
職場で私が意見を言ってる最中で目が覚めてきました。


・・・あれ?
私の口がめっちゃ動いてる。


おおっ!
夢の中のセリフ、実際にしゃべってるやんけ!



寝ながら、こんな真面目な内容突然話し出したら、こえーよ(汗)



はあ、私も寝言でしっかりしゃべる人だったのか。と初めて知りました。
人前でうたた寝するのがちょっと怖くなりました(笑)
110501_01.jpg

21世紀美術館すぐ側のヴィンテージ家具屋”TORi”さんの倉庫へ行ってきました。
(倉庫は森本方面にあります。)

4月30日と5月1日は、アポイント不要の倉庫開放デー(9:00~15:00)。

姉一家がおうちに置く家具を探していて、
倉庫を見たい。ということで私ももちろんついていくぞい。


広い空間に、北欧などのヴィンテージ家具がずらーり。
かなり見ごたえがあって楽しい~。

110501_02.jpg

最初は姉の付き添い気分だったのだけど、
”そういやテレビ台探してるのだった”と思い出し、
テレビ台になりそうな大きさの家具はないかなとウロウロ。

そしたら、程よいサイズのがありまして、
私の部屋に合いそうな子がいたので買っちゃいました(^^)
アニバーサリーセール期間だったので割引されてイエーイ。
納品日が楽しみ。

姉たちはスツールとか買ってたよ。


110501_03.jpg

TORiさんの倉庫”TORi WAREHOUSE”の情報はこちら↓。

住所:920-3111 金沢市梅田町ロ28-2
TEL:076-257-1276
場所:ここをクリック←このブログ記事に地図等の情報が載ってます。

本日(5月1日)は、9:00~15:00までアポ不要で開放されていますよ(^^)
しかも、2nd ANNIVERSARY SALE しておるです。

TORiさんのブログ:http://blinddesign.jugem.jp/


110501_04.jpg


110501_05.jpg