雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

120430_01.jpg
photo:カフェ待ちの間、2階でまったり中の私。

ご飯作ってて、料理酒と間違えて酢を入れちゃったミドです。
うーん・・・味がイマイチに(涙)


さて、旅まとめでも書くべか。


今回の日程は以下のとおり。

28日
06:30~ 金沢出発
    (北陸自動車道→舞鶴若狭自動車道→中国自動車道→米子自動車道→山陰道)
14:00~ 足立美術館
16:15~ 宍道湖
夜    出雲到着

29日
07:45~ 出雲大社
11:00~ 石見銀山
16:10~ 日御碕灯台
17:00~ 島根ワイナリー(お土産買う)
夜    出雲ソバ屋

30日
07:30~ 出雲出発(行きと同じ道)
15:30  金沢到着

いやー島根が近く感じました。
600km離れていても、2泊3日でいろいろ観光できますな。


今回の旅は、なんかツイてる気がしたよー♪

GWなので渋滞とか覚悟してたけど、
行きも帰りも「GW?」と思うくらいスムーズ。


おかげで最初は出雲大社・宍道湖・足立美術館だけの予定だったけど、
気になってた石見銀山や島根ワイナリーに寄れて充実した旅に。

行けないと思ってた雑貨屋・カフェにも出会えた~。


石見銀山では駐車場に行ったら
ちょうどいい場所が空いていてすぐ停められてラッキー。
※15分後には駐車場待ちの行列が出来てた(@_@;

石見銀山移動バスでは行きも帰りも
臨時バスを急遽出してくれて待たずに済んで、

ナビ予定では間に合わないと思われた灯台にも間に合い、

なんかいい感じ(^^)

しかも、私は一度も運転せずに済んでホッ。
※知らない道を人の車で運転するのコワイ。


パワースポットの出雲大社でお参りしたし、
これからも良いことがありますように。
120429_21.jpg

旅用にとCD5枚レンタルしてきたけどほぼ却下されたミドです。
結局2枚しか聴けなかったっす・・・。


この旅の最後の観光地は、

日本一の灯塔の高さを誇る石造灯台の”出雲日御碕燈台”。
世界灯台100選にも選ばれておるようです。

石見銀山を15時過ぎに出発し、
入場受付終了の16時半までに間に合うか!?


くねくね山道を走り、日御碕へ。


16時過ぎに到着。
間に合った~~。


灯台にどうやって登るんだろう。と思っていたら、

靴を脱いで靴下で、
狭い螺旋階段を上がり続けるんですな。

120429_22.jpg

上りの人も下りの人もこの螺旋階段を通るので、なんか大変。
譲り合いな感じでした。

何段のぼったか分からないけど、ようやく頂上に到達~。

早速景色を写真にパチリ。


ここに来たがってた言いだしっぺさんは、
高い所が苦手なようでビビッていました・・・オイ(^^;


夕方になったので、
”島根ワイナリー”に寄ってお土産を買い、
グルメも楽しもうってことでソバ屋さんで出雲ソバを食べ、
ホテルに帰るのであった。

120429_23.jpg
120429_15.jpg

今回の旅は観光メインでゆとりもないので、
雑貨屋やカフェに行くのはあきらめていたミドです。
だけど・・出会えるもんですな。


石見銀山の銀山地区を散歩した後は、古い町並みのある地区を散歩。
江戸時代に栄えた町だそうです。

のんびりお散歩・・と言いたいところだけど、
すでにたくさん歩いて足は痛いし、お腹すいた~。

なので、まずはご飯を食べられるところを・・・と探していたら、
”群言堂”という名前の建物を発見。

中を覗くと、カフェや雑貨屋さんを発見!!
入りた~~い。
120429_16.jpg

この建物には中庭を囲んで、

中庭が見渡せる開放的なカフェ”コメ・マメ・イモ”、
器や台所道具が並ぶ雑貨屋さん、
自ブランドのお洋服屋さん、

があります。

ここでお昼ごはん決定!
五分づき米と玉ねぎや根菜のスープのランチをいただきました。


建物の雰囲気を含め
テンションがあがるカフェ・雑貨屋さんに
この山奥の観光地で出会えると思わなかった(^^)

日本各所に支店があり、本店がココってなんかグッときますね。

120429_17.jpg
photo:群言堂の中庭。

お腹が満たされた後は、町並みのお散歩再開。
時折お店をのぞいたり、良さげな建物を写真に撮って、終了~。


この石見銀山には4時間くらいおりました。
自然や銀山、古い町並み、いろいろ楽しめるのでオススメ観光地です。


さて、次は日本一の高さを誇る、あの場所へ向かうかな。
120429_10.jpg
photo:坑道の入口。

29日は、歩く・上るが満載で足が痛くなる1日となったミドです。
楽しいのだけども筋肉痛になるっす。


ガイド本で紹介されていた”石見銀山”。
坑道の入口の写真をみて、興味津々。

出雲大社の参拝後に時間が空いたので、行ってみることにしました。


山にぽつんと坑道があるだけ。と思い現地に行ってビックリ。

600の坑道が点在し遊歩道のある”約2.3kmの銀山地区”と
古い武家や商家などの古い建物がある”約0.8kmの町並み地区”のある、

とても歩き応えのある名所なのでした。
ユネスコの世界遺産にも登録されているんですよー。


まずは銀山地区(坑道)編を。

山と小川に囲まれた遊歩道を歩くことからスタート。

小川のせせらぎをBGMに、
豊かな自然を感じながらテクテク。

120429_12.jpg

しかーし、時間が経つにつれ、
暑さと上り坂にパワーを吸い取られたかも(汗)
日差しの強さと気温の高さに半袖スタイルに。

せっせと歩くこと30分。

ようやく通り抜けられる坑道”龍源寺間歩”の入口に到着。
この入口(最初の写真)、惹かれる~~~。
わくわくしながら中へ。

ほどよく狭くて暗くて楽しい♪
以前行った鍾乳洞を思い出しますな。

中は涼しくて、カラダが楽になりました。

120429_13.jpg

坑道を出た後は遊歩道と違う道を通って戻り、
お腹もすいたのでいろんなお店のある古い町並み地区をお散歩です。
120429_04.jpg
photo:神楽殿。

出雲大社がどこにあるかも、
縁結びで有名だとも知らなかったミドです。

行くことになった後で場所を知ってプチ後悔。遠いやん・・・。


さて、島根ぶらり旅①の続きです。


29日の朝、6時前にふと目が覚めたー。
朝食バイキングを堪能して、予定より早く出かけることに。

車を走らせ、出雲大社に到着。駐車場もガラガラ。


木製の鳥居前で参拝者さんたちと互いに写真を取り合う。
そして鳥居をくぐり、参道を歩く。
120429_01.jpg

人もまばらで、朝の空気は清清しいですな。

120429_02.jpg

手を清め、御仮殿へ。

おおー、旅行本で見た大きなしめ縄がっ。
カワイイ。

早速お参り。

120429_03.jpg
photo:御仮殿。

ご本殿は、平成の大遷宮のため現在修造中ということで、
本殿の参拝はできなかったのが残念。

しばし周りを散歩して写真をパチリ。


さて、次はどうするべ。

もともとの計画では、
次に足立美術館に行く予定だったけど前日行けたので、
気になってた場所へ車を走らせることになりました。
120428_02.jpg
photo:ロビーから見える庭園。

ただいまー。
交代で運転しよう。といいつつ一度も運転しなかったミドです(^^;

さて二泊三日、約1300kmの旅から帰ってきました。
しばし旅日記を書くよ。


28日、朝6時半。
お迎えがきて金沢を出発。

北陸自動車道→舞鶴若狭自動車道→中国自動車道→米子自動車道→山陰道

を通って午後2時頃、島根に到着~。


GWなので移動で丸一日かかると覚悟していたけれど、
渋滞もなく早く着いてビックリ~(@_@;


で、次の日に行く予定だった”足立美術館”に寄ることにしました。

美術館には美しい6つの庭園があり、
「9年連続庭園日本一」に選ばれておるのです。

美術品を見ながら廊下を進むと、壁の額縁の中に素敵な景色が。
120428_07.jpg

次の展示室に行く途中に庭を臨める通路があり、
「次はどんな庭園があるのかな」とワクワク。

お庭が広くて、写真に入りきらないのが残念。

120428_06.jpg120428_03.jpg
120428_04.jpg120428_05.jpg

庭園だけでなく、美術品も素晴らしいです。
横山大観をはじめ、さまざまな画家の絵を見て目の肥やしになりました。


足立美術館を出た後は、松江の”宍道湖”のほとりで休憩。
雲ひとつない青空でとっても暑い1日でした。


足立美術館:http://www.adachi-museum.or.jp/
120428_08.jpg
120428_01.jpg
photo:ミド家の庭。

大きな鯉が泳ぐ池のある家で育ったミドです。
今は鯉は泳いでないけど。
最近植えられた”しだれ桜”がキレイに花を咲かせてました。


朝5時前に起きた。

なんだか頭がボーっとしております。


これからお迎えがきまして、しばし旅に出ます。
走行距離1000km越えの旅。


じゃ、行ってくる!
120425_02.jpg

花粉付け機械のネーミングセンスに苦笑するミドです。
興味のある方はメーカーサイト(下の方に記載)をご覧ください(笑)


パンを焼くときレシピを見ると、

200度で10分。とか
180度で15分。とか

焼く温度が書かれております。

オーブンであればピピッと温度を設定すればOKだけど、
無水鍋”にはそんな便利な機能はない・・・。

というか、鍋の中は一体何度なん??
未知すぎる。

うーん、知りたい。


高温になりすぎてもおそろしいし、
どれくらいの火力で何度になるのか知っておきたい。


で、発見!オーブンメーター

なんかオーブンでも設定温度と実際の温度が違うこともあって、
これでオーブンの本当の温度を知る。のにいいらしく、

これなら鍋の温度を計れるぞー。 ※鍋使用OKかは不明。


キッシュの生地を焼くときに、
タルトストーンと一緒に生地の上に置いて
鍋の真ん中に温度計がくるようにして火を入れる。

火の大きさを変えずに10分経ってから、
鍋のフタをちょっと開けて温度計をチェック。

200度越えてました。

ちょっと強すぎるかな。
少し火を弱めてしばし経ち、再びチェック。

ちょうど200度。

よし、この火の強さを覚えておこう。

なんとなく分かったのでオーブンメーターは
現在部屋の温度計に役目変更。
小さくてデザインもシンプルなので飾ってもカワイイ。


それから数週間、
なんとなくの感覚だけどパンがいい感じで焼けております。
温度を知っておいて良かった~。
120424_01.jpg

有給とって農作業を手伝い、体力の限界に達したミドです。
首と肩、超イテーよ(涙)


コンビニに行くと、ついつい買っちゃうメロンパン。
あの甘いクッキー生地がうまいんだよなあ。

そんなメロンパン作りに挑戦~。


図書館で借りた本のレシピをもとに、パン生地を作ってこねる。

・・・・生地がまとまらない(汗)


あ、国産小麦の場合は水分量が違うんだった。
ガーン。

とりあえずまとまるまで、小麦粉を足してみる。
まだ柔らかすぎる気がするけど・・・これで良しとするか(^^;


クッキー生地も作って、
パン生地をクッキー生地で覆ってみる。

おお、憧れのメロンパンに近づいてきたぞ。


網目模様はつけずに、鍋に2個並べて焼きタイム。
で、フタを開けて中を見ると・・・予想以上に膨らんでた(@_@;
なんとなく焼き色つけてみようとしばし放置。

出来たーーー。

早速焼きたてをパクリ。
パン部分はやわらか~。メロンパンだ。

うーん、見た目はなんかイマイチ。
焼き色つけない&網目はつけたほうが、良かったかな。

とりあえず作れたぞ。イエイ。
120422_01.jpg
photo:ミド家の梨畑。と父。

会社仲間に手作りお菓子をもらったミドです。
ベリー入りチョコクリームのロールケーキはうまかった~。


ミド家は梨農家。
今はとても大事な”梨の受粉作業”の時期なのです。


梨は違う品種の花粉を受粉する必要がありまして、
なんとも大変なことに人の手で地道に花粉付けをするんですな。

さらに花粉も、
自分たちで花を摘み取って採取しなければならず。

・・・いやー手間がかかります。
花が咲いて受粉までは期間が短いので
親戚にも手伝ってもらい、急いで作業していくのだ。


というわけで、先週末は花摘み作業にお呼ばれ。

ジーンズとパーカーに、
ピンク&花柄の農家のおばちゃん布帽子と腕カバーという、
微妙なコーディネートで参戦(^^;


花粉採り用の梨の木から、咲いた花を摘み取っていきます。
花が開いてきたモノだけをせっせと取る。・・取る。・・取る。

土曜は日差しが強くてスゲー暑かったよ(汗)。
午前中は両親と一緒におしゃべりしながら、
午後は数年ぶりに会ったいとこと作業。

日曜は小雨降る中での作業・・・冷えました。


そういや、隣の畑を横切っていった珍客が。

茶・黒色で犬より大きくて、「なんだアレは!?」とビビッていたら、
どうやらカモシカらしいです。

どこから来たんだ(@_@;


今週は有給をとってもう1日お手伝い。
頑張りますか。



参考写真:数年前の花摘みの様子↓

120422_02.jpg
120423_01.jpg
photo:左・ホシノ天然酵母、右・レーズン酵母エキス&パン種。

土日は農作業を頑張ったミドです。
筋肉痛が~。


パン作りには2つの天然酵母を使っております。

毎度おなじみ”レーズン酵母”と、
初めてのパン作りから使っている”ホシノ天然酵母”。


買った本で紹介されてた天然酵母がホシノ天然酵母だったので、
とりあえずネットで探して買ったみたのが最初の出会い。

ホシノ天然酵母は
日本古来の醸造技術を応用し、
天然の穀物のみ(米、麹、小麦)を使用しているので、

初めて種起こしした時は
酵母の独特な(麹の?)香りが慣れなかったけれど、
だんだん好きになってきました。


ホシノ天然酵母は日本酒みたいな香りで、
レーズン酵母はワインの香りで、

和と洋。ですな。


どちらもパン生地作りに入るまでに
種起こしや元種作りという時間をかけた準備が必要だし、
一次発酵に半日かかることもあるけど、
そういう手間のかかるところも愛おしいなあ。

おかげで日々の生活が
酵母管理やパン作り中心にスケジュールされるのであった(^^;

さ、パン生地こねてから寝よう。
120419_01.jpg

自分がO脚だと知って衝撃を受けたミドです。
やせてるから両足の隙間があるんだと思ってた(^^;
まだ軽いO脚みたいなので、改善中~。


お花見の時期、お昼休みに散歩するなら

やっぱり兼六園ですな。


初日はトンビにアタックされたり、
観光客とお話していて桜をじっくり見られなかったので、

リベンジせねばと今週は3回行って来ました。


いやー、天気が良くて、お花見日和。


桜もキレイですが、

園内を流れる小川や
空や木々を映す池や
いい感じに地面に広がる苔とか

風情がありますなあ。


無料開園は後数日。
まだ行かれてない方は是非お散歩してきてくださいまし~。

120419_02.jpg
120418_01.jpg

芸人の有吉さんがお気に入りのミドです。
他の芸人さんとのやりとりを見てると楽しい。


レーズン酵母を使ったパン種

このパン種は2、3日おきに
小麦粉+水(or 酵母エキス)を加え続ければ
しばらく持つそうなので、
かけつぎを続けてみようかと思います。

その分、定期的にパンを焼かねば
どんどんパン種が増えてしまいますな。


写真のパンは、レーズン酵母のレーズン入りパン。
シンプルなパンだけど、
もっちりとして噛むと甘みがあってウマイ。

先週から朝食用にと3回焼いてます。


こうやって丸パンをくっつけると
一回の焼きでたくさん焼けるし、
食べるときも1個ずつはがしやすくて楽~。

3回のうち一番最初に焼いたのが一番おいしかった。
ふんわりしていて、
写真を撮る前に食べきってしまいました(^^)

また食べたい~。と思ってトライしてるけど
あの時の感じを再現できないっす。

発酵時間をもう少し増やしてみようかな。


それにしてもこの味にはまっております。
つい夜にも食べてしまうので、朝の分が減ってしまうのであった。

120418_02.jpg
120417_03.jpg
photo:ほうれん草、ベーコンのキッシュ。

図書館で読んでみたかった本を発見したミドです。
ノリノリで借りてきたぜ。寝る前に読もうっと。


さて、私は切ないことに味覚イマイチ。

例えば、なにか料理を食べて、
「○○が入ってる」「味付けは○○だな」
とかよく分からない。

なので、調味料の足し算・引き算がね・・・難しい。


最近作ってるキッシュですが、
どうも味付けが薄めになってしまいます。
薄味派の自分が食べる分にはいいけれど、
たまには人に食べてもらいたいのでもっと上手になりたい~。

うーむ、何をどれだけ入れたらいいのかしら(汗)


調整しながら調理できる料理はまだなんとかなるんだけどなあ。
キッシュは途中で調整できないのでキビシイ(^^;


いろんなレシピ見て、いっぱい作って修行せねば。
「キッシュ作りが得意なの。ウフフ。」と言えるようにがんばるぞーい。

120411_01.jpg
photo:チキン、まいたけ、じゃがいものキッシュ。
120416_01.jpg

兼六園のベンチでランチしてたら突然顔をビンタされたミドです。
手に持ってたお手製肉まんを・・・トンビ(多分)さんが奪取!
羽で私の頬をバシッと叩かれ、目を開けると肉まんが消えてましたサ。

衝撃的過ぎてボーゼン。ばかやろ~~。


さて、現在大活躍の相棒をご紹介しようかな。

ミド基地は鍋の収納場所がコンロの上だけ。
ということで皆様ご存知の通り
フライパンもなく鍋一個で過ごしております。

そして先月、無印の片手鍋が選手交代し、

新たにやってきたのがムスイの”無水鍋”

60年前に日本で誕生した、とてもシンプルで厚手のアルミ鍋です。
最初は全く鍋候補にあがっていなかったのだけど、
いろいろネットで鍋を探して、最後はこの子に決めました。


惚れたポイントは3つ。

まずひとつが「1個で8役できる優れもの」。

8役とは、ゆでる、炊く、煮る、蒸す、炒める、焼く、揚げる、天火(オーブン)。
その中でも重視したのが”オーブン料理”ができる!ってとこ。
オーブンなしでパンが焼きたかったもんで。

何役もこなす万能鍋はいろいろあったけど、
オーブン料理ができる鍋はなかなかないもんですな。


ふたつめは「親子3世代使える丈夫さ」。

無印の鍋はこげつきにくい加工があって便利だったけど、
しばらくして効果がなくなってこげつきまくり切なかった。

消耗品みたいに買い替えていきたくないなと思い、
ずっと使える鍋を探し・・・。
そんだけ丈夫で長く愛されてる鍋ならいいかも!と。

厚手のアルミニウム一体成形鍋で耐久性は半永久的。だそうです(^^)


3つめは、「フタをフライパンとして使えること。」

鍋一個生活なので、これはかなりありがたい~。

本体で煮物を作って、ふたで炒めものができるゾイ(^^)V
今までは一品できるごとに
保存容器に移して鍋を空けなくちゃいけなかったもんなあ。


それにしても無水鍋ってちょっと新鮮。

名前のとおり無水料理が可能で、湯を沸かさなくても、
水で洗ったほうれん草だけを鍋にいれれば茹で上がる。

クセを覚えるにはまだまだ修行が必要ですな。


ちなみに、パンを焼くときはフタを下にして、
本体をフタ代わりにして焼いております。
鍋を逆さまで調理する姿はなんかオモシロイ。

無水鍋公式サイト:http://www.musui.co.jp/
120714_02.jpg
120415_01.jpg

週末はパン作り1日、おでかけ1日を心がけることにしたミドです。
パン作りに没頭しすぎないようにネ。


今日はとってもいいお天気で、まさにお花見日和。
お出かけ&お散歩してこようってことで、

白山市にある”コトノエ”さんに行って来ました(^^)

神社前の駐車場に停めて、
小さな「→」看板に導かれて坂を上り、お店の看板を発見。
自宅兼ショップの階段を下りていくと・・・素敵なお店が~。

120415_03.jpg

外からの柔らかな光が広がる店内には、
ヨーロッパの古道具や器、リネン、お洋服が。

こんなステキな暮らしの道具たちと
日々を共に過ごせたら良いなあ。


心惹かれたのがフランスの100年ほど前のお皿。
形や模様がかなり好みで手にとってじっくり眺める私。
年代モノなので、すぐに買うお値段ではないけど惚れたー。

ワイヤーバスケットやワンピースもミド好みアンテナが反応。

今回はキッチン用に使うリネンを購入したよ。
洗ってくたっとした風合いにしようっと。


それにしても、のどかで良い所ですネ。

店内に川のせせらぎが聴こえてきて、
芝生の庭の後ろには山の景色がひろがり、
山菜を採る方々の姿が見えました。


お買い物の後は、コトノエさんとしばしいろんなお話を。
同じ学校出身と分かり話が盛り上がったのであった(^^)


コトノエ:http://www.cotonoe.com/
コトノエさんは”phono”さんの姉妹店ですー。

120415_02.jpg



120414_01.jpg

名探偵コナンのテレビ(映画)を見ながら台所仕事してたミドです。
向かってくる車の間をスケボーでよけまくるコナンの身体能力スゲー。


先月までパン作りにはまったく興味がなかった私。
気がつけば自分でパンを作ってる今日この頃。

思い返せばいくつかの本に誘われた気がするなあ。


最初は通い始めた図書館で借りた”マクロビ”の本。

食べ物に関しての意識がちょいと芽生え、
その後に借りたのは”食品添加物”の本。でした。

あまり気にしていなかったけど、
いろんな食べ物に食品添加物が入ってるんですな。
どれがイイとかワルイとか分からないのもあって、
神経質。とまではいかないけど、
値段が少しアップしても添加物の少ないモノを選ぶようになりました。


それにしても気になるのが・・パン。

メーカーさんのパンを見ると添加物がいくつも入ってる。
具材のないシンプルなパンでも。

パン作りにはこんなに添加物使わない気がするなあ。
と思いつつも、
オーブンもないし自分では作れないから買うしかないか(^^;


その半月後、あうん堂さんで
うかたま 地粉のパン”と運命的な出会いをしたのです。

なぜだかすごい惹かれて、
作れなくても読むだけでもワクワクする~。と、
おうちで何度も読みました(^^)

「パン作ってみたい!鍋とかで作れないかしら。」

ネットで探して「コレだ!」と見つけたのが”ポリ袋で作る天然酵母パン”。

ポリ袋でパン生地を作るから、道具も買わなくて良い&手が汚れない♪
フライパンや鍋で焼けるからオーブンいらず♪♪

というポイントに惹かれ、早速本を購入。
道具は100円ショップでポリ袋等315円でOK。
そして、天然酵母を買ってパン作りがスタートしたのです~。


ま、結局ポリ袋作りでは大きなパンが思い通りにならず、
道具をいろいろ買ってちゃんとこねてます(^^;
120410_01.jpg

今日のお昼は21世紀美術館を散歩しながら、
TORiさんとLINEさんを巡ってきたミドです。


さて、”鈴木大拙館”の奥には散歩道”緑の小径”と、
江戸時代に作庭された、

”松風閣庭園”

があります。
この庭園はMROの裏手にあるんだけど、
全然知らなかったので見つけたとき、

えっ、何この素敵な庭園~!

とテンションはあがれど、冬は閉園していて入れず・・・。
春になりようやく入れたのでカメラでパチリ(^^)

以前は一般公開されていなかったようですが、
鈴木大拙館ができたとき、公開されたようですな。

庭園の入口は、水鏡の庭の奥にあります↓

120410_02.jpg

金沢らしい風情のあるお庭。
鈴木大拙館を訪れた際には是非寄ってみてください(^^)


120410_03.jpg
120408_03.jpg

GWは車で遠出することになったミドです。
片道何時間かかるか未知ですが、有名な神社に行ってまいります。


レーズン酵母エキスを作りを始めて、
12日目にようやくパン種が完成し、
ラストはパン生地作りです。

いやー、この日が待ち遠しかったぜ。

作ったパン種と
小麦粉や水、塩を混ぜて、せっせとこねる・・・こねる・・・こねる。

そして1次発酵。

何時間か経ち・・・おお膨らみました!!
ガス抜きして成型。

生地を分けて、
レーズン入りの大きめパン(ブール?)と、
チキンと野菜のトマト煮入り惣菜パンに。

で、2次発酵。

2倍くらいに膨らんだので、
切り込み(クープ)を入れて鍋焼きタイム。
ちゃんと焼けるかな。

時間になり、ふたを開けたら・・・。

おおっ、ブールのクープが開いてたっ(@_@;
こんなに開いたことなかったのでなんか感動。

そして生地の中にいたはずのレーズンたちが外に飛びでてるのにビックリ。

どう?
おいしそうに見えるかな。


よし、食べてみよう。

表面堅いかなと思いきや、意外とフカフカ柔らかい。
中もやわらか、ちょいともっちり。
普通においしいぞー。
入れたレーズンたちはいずこへ(汗)

120408_04.jpg

ふう。初挑戦で無事パン作りまでたどり着けて良かった。

それにしても、
スーパーで売ってるレーズンから、
こうしてパンの酵母になるのが不思議。

これからは天然酵母と自家製酵母でパンを作るぞー(^^)
120408_01.jpg
photo;発酵後の状態。

鍋の取っ手をつい素手で掴んでしまうミドです。
本体と取っ手が一体タイプなので、ヤケドしてしまうっす。


さて、9日間かけてできたレーズン酵母エキス

このエキスを使って、次はパン種を作る。

酵母エキスがちゃんと出来ているかどうかドキドキしながら、
全粒分と酵母エキスを混ぜてとりあえず一晩おいてみる。

朝起きて確認。

おー、ちゃんと2倍に膨れた!!パチパチ!


平日だったので、

朝に冷蔵庫に入れて休ませ、
夜にかけつぎ(小麦粉と水を追加)して、
一晩常温で発酵させる。

を繰り返し、

週末に3回目のかけつぎをした状態がコレ↓
120408_02.jpg
photo:かけつぎ直後。発酵前の状態。

で、発酵後の状態が最初の写真。
2倍に膨れたぞい。

レーズン酵母を作り始めて、12日目でパン種ができやした~。
次はようやくパン生地作りだー。
120407_01.jpg

思い切ってボーダー柄の布団カバーを買ってみたミドです。
スゲー違和感・・・失敗したかも。


今日の朝は、パンとキッシュ作り。


パン屋でたまに買う、卵の乗ったパンを作ってみたかったのだ~。

パン生地にベーコン敷いて、卵とチーズ乗せてと。
ちょっと卵がこぼれたけど、ちゃんとできました(^^)

バターロールにも挑戦。
なかなか巻くのが難しいなあ。
クロワッサンみたいな感じになってしまった(汗)


今回のキッシュはアスパラとウインナーを具に。
アスパラエキスが染み出ておいしさアップ~。


パンもキッシュも
ちょっとずつおいしくできるようになってきて
なんだかウレシイ。


消費しきれないので、おすそわけしてきました。

120407_02.jpg
120406_01.jpg
photo:5日目。泡が出てきた。

すっかりアレルギー症状も治まり、元気になったミドです。
いやー、健康ってスバラシイ。


自分でもパンの酵母を作ってみたいなあと、
レーズン酵母作りを始めてみましたよー。

家で植物か何かを育ててみたかったので、
酵母を育てるのもいいなあと(^^)


ガラス瓶にレーズンと水を入れて待つこと1日。
レーズンが膨れてきました。

120406_02.jpg
photo:2日後の状態。

数日経つと泡が出てくる。と参考サイトに書いてあるけれど、
泡が出てこない・・・部屋の気温が低すぎるのかな。

5日目に暖かいところに置いてみる。

で、何時間か経っても様子は変わってないなと思いつつ、
ビンのふたを開けようとしたら・・・開かない~(汗)

うりゃーっと力を込め、
ふたが回ったと思ったら、

ブシューッ!!

一気に泡が出てきて超ビックリした(@_@;
まるでコーラを思いっきり振って開けた時みたい。

おー、すげー泡でてるよ。
良かった~~。

それから数日は泡がシュワシュワと出て、
ワインのような良いニオイがしてきたよ。

どうやらうまくいってるようです♪

9日目で酵母エキスができました。
パチパチ。

現在、次の工程のレーズン酵母種作り中。
パンを焼く日が楽しみだ。
120405_01.jpg
photo:ウインナーパン。

トーストしたパンを取ろうとトースターを覗き込んだら・・・
焼いたはずのパンが入ってなくて???になったミドです。

ふと見ると、机の上にパンが転がっていた。
焼きあがったと同時にトースターがパンを追い出したようです(@_@;
コラー。


さて、昨晩焼いたウインナーパン。

中にケチャップとウインナーを入れて、
上にはチーズを乗せてみました~。

生地は柔らかしっとりもっちりな感じに。


なかなか良さそうだったので、
誰かに食べてもらおうと思いました。

これはパンとして普通にアリのレベルなのか、
自分じゃよく分からなくってさ(^^;


「食べてもらえないだろうか」とお願いし、
ドキドキしながら冷静な感想をいただくことに。


おいしいと言ってもらえました~。
パチパチ。


ちょっとだけ自信がつきました。
120404_01.jpg

型がないので食パンボールを作ったミドです。
でっかい卵みたいでカワイイ。


気軽にパン作りができるって本を見て
簡単な方法でパンを作っていたのだけど、
なかなか本の完成例のように丸くならないなあ。と。

で、基礎をちゃんとしようと本を買い、
やってみたらいい感じに丸くなりました(^^)
ようやくスタートラインにたてたかな。


それにしてもパン作りって時間がかかりますなー。

おかずだと”作りたい。食べたい。”って思ったら
作ってすぐに食べられるけど、

天然酵母でパンを作ってみると、
種起こしから始めたら数日かかる。


性格的に”作りたいっ。”と思ったら、
すぐ作って完成させたい私なので、
このパン作りの時間はゆーったり感じます(^^;


でも、初心者だから、1つ1つの工程が楽しい。

種起こしをしてる時、
横で酵母がプチプチ音を鳴らしていると
かわいいなー。って思ったり、

1次発酵で膨らんだらホッとしたり、

鍋で焼いて蓋をあけた時に
ちゃんと焼けてたら嬉しかったり。


今晩はウインナーロールパンを焼いてみました。
明日のランチにしようっと。

120404_02.jpg
120403_03.jpg
photo:鈴木大拙館の庭の裏手は散策路。

強風でなんか家が揺れてます。
こんばんは、傘を骨折させてしまったミドです。


さて、先日紹介した”鈴木大拙館”。

表側(道路側)から見ると分かりにくいのですが、
その裏手には、素敵な庭園と散策路があるのです~。
(庭園の紹介はまた今度。)

水鏡の庭を眺めてたら、
なんか横に道がある?と思い行ってみると、
庭の塀の後ろに素敵な道発見!

さらに進むと、少し階段があり、林が。
120403_05.jpg
photo:林から鈴木大拙館を見たところ。

木のベンチに座って、鳥の声を聞きながら休憩。
120403_06.jpg

散策路(緑の小径)をテクテク歩いていくと、
中村記念美術館のある本多公園に出てきました。

120403_02.jpg
photo:緑の小径の入口。


21世紀美術館から鈴木大拙館に行く分かりやすい道は、
大通りを通ってMRO+ローソンを通り過ぎたら、
小道に入り住宅街を進んだら到着。

・・・なんだけど景色が味気ないので、

県立図書館の横の道に入って、
本多公園から緑の小径を通って鈴木大拙館へ行くのがオススメです(^^)
120401_01.jpg

先日”HUG CHAI WORKS”さんに行って来ました。

以前から気になっていて、
ちょうどお誘いいただいたのでお仕事終わりに急いでゴー。

お腹が空いていたので、
まずは2階のカフェコーナーへ。

おお、私の好きなアボガドのベーグルサンドがあったー。
テンションあがりつつ、
ABC(アボガド・ベーコン・チーズ)サンドと
豆乳チャイをいただきました。

おいしい(^^)

スコーンもおいしそう。

120401_03.jpg

帰り際1階の雑貨スペースをのぞくと、
fogの雑貨や、木、ホウロウのアイテムが。
欲しいと思ってた木のトレイを発見!で購入♪

時間がなくてゆっくりできなかったので、
次はお昼に行こうっと。

120401_02.jpg