雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

131025_01.jpg
photo:左側の山にテイクオフがあるよ。

寒いあまり、あったか電気ブランケットに包まるミドです。
うーむ、冬の訪れが恐ろしい。


10月の高山4回目の訪問は、パラの日帰りフライトツアー。
原山市民公園というところに行ってきました。

この日は普段飛んでいる獅子吼エリアの天気が悪くて
別のエリアへ行くことになりました。

みんなで秋の遠足気分です~~。わーい。

車の中でワイワイとおしゃべりして・・・到着!
ログハウスやススキ野原があり、遠足にぴったりの風景ですな。

獅子吼の高低差は450mなので、このエリアは150mといつもより低め。
でも、テイクオフから見ると思ったより高く感じました。
それにしても、めっちゃ天気がいいぞ。

131025_02.jpg

ちなみに、グライダーをテイクオフまで運ぶのがこの車↓

これがとても衝撃的。
立って乗るので、急カーブありの山道で振り落とされそうに~。
登りはよいけど、下った時が怖くて笑いながら涙がでたっす。コエー。

131025_03.jpg

お昼ごはんに高山ラーメンを堪能して、

午後から2本フライトしました~。

初めてのエリアなのでドキドキしながら飛んだよ。
景色が新鮮ですな。

131025_06.jpg

いつも通りスマートに・・・ではなく、
きゃーきゃー言いながらランディングするのであった(汗)

131025_07.jpg

131026_01.jpg
photo:人力車の黄色い看板が微妙(^^;

休日、家にいると2回は昼寝しちゃうミドです。
結局買い物に行くのが夕方からになってしまうっす。


今月は、高山に4回行きました(1つは通過のみ)。
あ、高い山ではなくて高山市のほうですぜ。
といっても、観光目的ではなく、アウトドア目当てですな。
西穂高・御嶽山登山に、今回の古い町並みに、次回の記事。

この日は乗鞍岳に行く予定だったのだけど、
乗鞍スカイラインが路面凍結のため通行不可・・・マジか(T_T)。
頑張って早起きして下道を運転してきたのに~。

せっかく来たので、古い町並みを散歩しよう!

高山は10年ほど前まではそこそこ行っていました。
写真を撮るようになってからは来ていなかったので、
古い町並み写真コレクションに加えなくてはね。

お散歩開始。
懐かしい光景です。

この日は快晴~。
曇りの方が写真は撮りやすいんだけど、気持ちが良いので、まあいっか。

晴れるとこうなっちゃいますな↓
131026_03.jpg


楽しげな学生さんや観光客を見かけると、
観光にきてる~♪って感じがしていいですな。

登山靴に山スタイルなこともあり、
お店めぐりはせずに一通り散歩・撮影して終了。

下道をのんびり走って帰りました。

131026_02.jpg
photo:自動販売機も町並みになじむよう頑張ってますな。
131023_01.jpg

半年ぶりに髪を切ったミドです。
ここずっと身だしなみとか、どうでも良くなっておりました(^^;
ヘルメットや帽子もかぶれるよう、すっきりしたぞい。

では、続きです。

9合目の山荘を越え、鳥居をくぐり、さらに上を目指します。
残っている雪が増えてきました。

131023_02.jpg

雪が凍ってキラキラしておりますな。

131023_03.jpg

なんか、ロープにがっつりと氷がへばりついている。
どうやったらこんな風に付くんだろう。
ロープや山肌についた氷が地面に落ちて、カシャンと聴こえます。

131023_04.jpg

目指す頂上が見えてきました。頂上まであと少し~。

131023_05.jpg

ほんのり頭痛がしてきた気がします。高山病かな。
頂上山荘を通過し、最後の階段を登る・・ぜーぜー。

131023_06.jpg

来たぜ!頂上!!!

疲れた~~。うれしい~~~~。

登山中はほとんど人がいなかったけれど、
頂上には別ルートから登ってきた登山者がいてほんのり賑やか。

131023_07.jpg

記念写真、標高3067m!

後ろ姿なら顔モザイクいらなくて楽だと学習した今日この頃。

131023_08.jpg

結局長袖Tシャツ1枚でここまで来れてしまった。
ザックにつけた温度計を見ると、10度以上あって意外と暖かいっす。

131023_08_1.jpg

冷たい風が吹いてきたので上着を着こんでしばらく撮影&休憩タイム。
頂上からの眺めを堪能するぞ。

御嶽山には5つの池があるようです。
写真は二の池。エメラルドグリーンの色がとてもキレイです。

遠くに見える山は、乗鞍岳や槍・穂高(多分)。

131023_09.jpg

一の池は水が枯れているようです。
他の池を巡るコースもあるんだけど、今日は”早くおりる”が目標なので次の機会に。
次の日仕事がなければなあ。

131023_12.jpg

中央アルプスかな?どこにどんな山があるのか、よく分からないや(汗)

131023_13.jpg

撮り忘れたけど、頂上には神社があります。
その裏手にまわると岩場の崖になってて、そこから下を覗きこんでみました。

131023_10.jpg

ごはんも食べたし、帰るべ。
せっせと下り、登山口に午後2時半くらいに到着。
うう、足が、かなり疲労しております。
そして長いドライブを堪能し、金沢に6時に戻り、銭湯に寄って帰宅しました。

山頂まで行けたし、天気もよくて大満足の登山になりました(^^)


雪も降ってきちゃったし、今年の2500m越えの登山は終了~。
もしかしたら来月、標高1500mくらいの山には登るかもね。

131023_11.jpg
131018_01.jpg
photo:8合目~9合目で景色を眺めるミド。山ガールらしくなってきたかな。

標高2500m以上の山を歩きたい、高い所が好きなミドです。
森林限界の上で、空や山や地上を眺めたい。

今年、登りたい山リストにあった日本百名山のひとつ、木曽の御岳山。
標高3000mを越えた、山岳信仰の山です。
詳しくは知らず、日帰りで行ける高山だから選んだのだけども。

10月中旬に登ろうと思っていたら・・・台風26号がやってきて・・・
翌日、ここのサイトを見ると、初冠雪を迎えてた~~。
マジか。雪のある山に対する道具も経験もないっす。

登山道に雪や氷があるかも。気温は氷点下かも。とびびり、
しかも14日に全ての山小屋が終了しトイレの不安も・・・。
うーむ。頂上まで行けなくてもいいや。行けるところまで登ってみたい。
18日の天気・風とも良いようで、日帰り一人登山決行!

いくつかある登山口のうち、六合目にある中の湯(約1820m)をセレクト。
運転時間と登山時間のバランスを考えての選択なのだけど、
それでも朝2時に金沢を出発するという厳しいスケジュール。

真夜中、山道を一人で運転するのは少し怖くて、ふと冷静に思う。
”なんでここまでして山に登ろうとしてるのかしら(^^;”
道路表示板を見ると気温は3~5度。山頂は何度なのだろう。
そうして朝6時前に登山口に着いた。車は2台いて、ホッ。

空が明るくなるのを待ち、防寒対策をして出発です。

ひんやりとした森の中、ボロボロ気味な木の階段を登る。
濡れて滑りやすそうだし、霜でキラキラしているので慎重に。

131018_02.jpg

1時間ほどで、ロープウエイの駅との合流地点七合目に到着。
ロープウエイで七合目まで来れるけど、この日は始発が8時半・・・遅すぎなので使えず。

せっせと登っているうちに暑くなってきました。
なんせ風が全くなく、日光が暖かい。ダウンジャケット脱ぎました。
それにしても、快晴だなあ。空が青い。

131018_03.jpg

道の状態にばかり集中しすぎて、ほとんど下しか見てなかった。
ふと振り向き、足が止まる。すでに景色が素晴らしい。

131018_04.jpg

8時20分、八合目に到着~。

131018_05.jpg

ここでようやく山の上部が見えた・・・お、白くない!
雪が解けたようですな。これは山頂まで登れそうな予感!

131018_06.jpg

張り切って行くぞ~~。

131018_08.jpg

それにしても、人がいない。風がない。
立ち止まると、ただただ無音。静か過ぎて、ちょっと寂しい。

さらに暑くなり、シャツを脱ぎ、結局いつものカットソー1枚になりました。
誰もいないので・・・石の上にカメラを置いて、自分撮り~。

気温は上がってるけど、日陰には雪が残っています。

131018_09.jpg

翌日仕事があるため、体の負担を減らせればとストックを購入しました。
買って正解でした!!
前回までと比べて、楽になったぞ。

131018_11.jpg

もし転んでも、下まで転げ落ちていかないので安心感がありますな。
雪が降る時期に、前回の時のような切れ落ちた道を歩くのは怖い。

ようやく9合目にある山荘までたどり着きました。
早く山頂から、山々の景色を眺めたい~。
後半へ続く。

131018_12.jpg
131002_01.jpg
photo:10峰から見た独標。

10月で高い山だし・・とユニクロ防寒着を4パターン持っていったミドです。
結果、1枚も使わず。Tシャツ1枚で十分なほどひたすら暑かった。

では、続きです。

独標から山頂方面を見ると、ピラミッドピーク(8峰)がどーんと見えました。
(写真では分かりづらいけど10峰、9峰と登り下りがあるよ。)

131002_02.jpg

独標の登りが楽しく、時間に余裕があったので
ピラミッドピークまで行ってみることに。
ただ本には「独標から先は上級者の世界」と書いてあったので、

慎重に。無理だと思ったら引き返す。

を念頭において進んでみます。
まずは独標の下りの道。本やネットでポイントとして書かれてる岩場の急下降。
崖みたいで、おもしろかった。

131002_03.jpg
photo:ピラミッドピーク側の独標。

細い尾根を歩きながら、足元の景色も楽しみました♪
高いところにいるって感じがするので、横が切れ落ちてる道は好きかも。
でも、ちょっとよろけたら下の方まで転げ落ちてく気がする。
131002_13.jpg

怪我しないようにと慎重になりながらも、楽しい気分で10峰を越え、9峰を越え・・・。

・・・ん?ここが通り道!?(写真の黄色線の部分)

131002_04.jpg

デカイ斜めの岩。まるで、滑ってください的なものを感じる・・・。
これは怖さを感じましたよ。渡ったけど。
岩のくぼみに片足をかけて、両手で岩につかまって、もう片足をのばしてと。

ピラミッドピークまであと少し。
よっしゃー頑張るぞ~~。

131002_06.jpg

そして、到着!!
ピラミッドピーク(8峰)、2740m。ひゃっほーい。

131002_07.jpg

後ろに、西穂高山頂が見えます。
時間があったら行きたかったなあ・・・って、私初心者でした(^^;

ピラミッドピークからでも、360度、素晴らしい山々の景色!!

一眼レフのカメラより、iphoneのパノラマカメラが大活躍。
山頂付近は紅葉が始まっていて、グラデーションが良いですなあ。

131002_10.jpg

131002_09.jpg

写真を撮り合いっこしたパーティは下山し、一人貸切状態に。
良い眺めを堪能しながら、お昼ごはんタイムです。いいでしょ~~(^^)

心も体も充電し、来た道を引き返します。
途中で、登山届場所で出会った山ガールさんに再会しました。
山頂に登ってから山荘に泊まり、翌日は別の山に行くそうで・・・うらやましい。
来年は山頂まで行くぞー。

山荘では、自動販売機で冷たいジュース(一缶300円)を買い、ゴクゴク。うめー。

そして、午後3時に登山口に戻り、登山タイム終了。パチパチ。
駅に足湯があり、下山途中で出会ったご夫婦と一緒に疲れを癒しました。


かなり足が疲れたけど、とっても楽しかったよ。特に独標の登り下りが。
白山や立山とは違った雰囲気で、新しい経験ができましたー。

131002_11.jpg
131001_01.jpg

「行動力だけはあるね。」と言われたミドです。
”だけ”って何か引っかかるなあ。まあ、分からなくもない。

10月1日、快晴。
登山4つめの山は、西穂高岳!
といっても山頂ではなく、途中までの日帰り一人登山です。

朝4時に起きて、下道を3時間運転し、新穂高第2ロープウエイに乗り、
西穂高口駅(標高2156m)に9時頃到着。

まずは展望台で山々の景色を写真におさめねば。
131001_02.jpg

これから目指す場所が見えますな。
西穂高岳は10以上のピークがあって、独標は山頂から11番目。
独標までが入門コース。なので西穂山荘を通過し、西穂独標を目指すよー。

写真を一通り撮ったら、登山口に向かう。
登山届け場所で一人の山ガールさんとご挨拶。慣れた感じでカッコイイ。

では、出発です。

最初は森林の中を登ったり、下ったり・・・。
休み休みしながら1時間で、山荘が見えてきました。
山荘周辺は森林限界で、周りの景色が見えるように。良いですなあ。

131001_03.jpg

そして山荘到着~。ちょっと休憩して、先へ進みます。

131001_04.jpg

大きな岩のある坂をせっせと登ると展望が開けてきました。
うわーいい景色!と写真をたくさん撮りましたが、雲の形が・・なんか変。

131001_05.jpg

これから行く道が見えます。
もう少しで私の好きな稜線歩きになりますな。ワクワク。

131001_06.jpg

さらに進むと、目指す独標が近づいてきました。
大分疲れてきたけど、がんばるぞ。

131001_07.jpg
photo:11峰の独標(真ん中)、8峰のピラミッドピーク(左)

そうして、独標の基部に来ました。
独標の登りは垂直っぽく見えますなあ。一部クサリも設置されているようです。
肩にかけてたカメラをザックに片付け、気合を入れなおし、行くぞ~。

131001_08.jpg

岩のペンキマークを目印にして、両手を使い、岩場を登る。登る。
わーい、超楽しい~~!!

131001_08_1.jpg
photo:途中、iphoneで下をパチリ。

これは楽しいぞーー。こういうの好きかも!!
テンションがあがっております。

131001_09.jpg
photo:ここを通る。意外と怖くない。

エンジョイしていたら、到着しました!
西穂独標(11峰)、2701m。
岩場の登りがこんなに楽しいとは。

131001_11.jpg

予定より早く着いて、時間にまだ余裕があるなあ。
もっと岩場を登りたい&高度感のある場所に行きたいし・・・。
行ってみようか、ピラミッドピーク(8峰)まで!

というわけで、後半へ続く。
131001_10.jpg