雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170519_01.jpg
photo:展望台より。

今週末の暑さに驚くミドです。
夏やん。


先週の関東の旅2日目、岩稜講習会の日記です。

朝、山道具を持って姉の家を出発。
電車を乗り継ぎ、集合場所の追浜駅に着きました。

ガイドさんが来て受付が始まり・・。
ん??Tちゃん!?
なんと北八ヶ岳で同じ部屋だったTちゃんがいたー。
わー、偶然!これは楽しい予感。

近況を話しながら鷹取山に到着です。
まるで遺跡みたいな雰囲気。
この山の講習会を選んだのは名前を知ってたから。
でも石切場だったとは知らなかったなあ。

170519_02.jpg

これはクライミングで有名な場所なだけありますなー。
いくつか見える岩山にはそれぞれクライマーさんたちが。

今回は登山での岩稜帯を歩く初回講習会。
なので、こんな壁を登ることはないかな。
靴もクライミング用でなく、普通の登山靴です。

私達は、まずは低い所から。
三点支持を学びます。登って降りてを繰り返す。

170519_08.jpg
photo:最初はここで練習。

それから、次の練習場所へ。
見えてる範囲の岩山だけかと思ったら、100mくらい歩きます。
思ったより鷹取山は広いんだなー。
岩壁とクライマーさんを横目で見ながら移動。

170519_04.jpg

視界をさえぎる岩壁に、遺跡を観光しにきてるような気分になる。
ハイキングを楽しむ人達もいました。散歩だけでも楽しい。

途中、林の中を歩き、石仏の横を通ると再び大きな岩場が。

170519_05.jpg

この付近でこれから練習します。
ガイドさんがロープを張って、コースを作ってくれました。

いよいよハーネスの出番。
ハーネスにスリングとカラビナを付け、そのカラビナをロープにかけてと。
ロープとつながった状態で上まで登っていきます。
へー、こうやって使うのか。おもしろい。

170519_09.jpg

ロープに誘導されて上まで行くと、下るルートもありました。
ぐるっと1周コースが結構楽しくて、テンションアップ。
わーいわーい。アトラクションのようです。
ガイドさんが3箇所にいてアドバイスをくれます。
2周したら、次は逆回り~。

170519_06.jpg

下りの方が足もとが見えにくくて難しいですな。

次はロープをつけての岩壁登り。
ボルダリングジムでやったことはあるけど、外は初めて。

170519_07.jpg

そんな高くないし、登りやすい。
そして、ロープでの懸垂下降がこれまた楽しい。

高い所が好きなので、もっと高いところにいきたーい。

すると、再びロープのコースへ。
あ、ルートが変わってる。
ロープに導かれていくと。
高めの岩壁が現れました。次の練習場です。

うーむ、足や手を置けそうな場所が少なそう・・・。

170519_10.jpg

なかなか登りにくくて、みなさん苦戦。
不安になってきました。

ミドも挑戦。めっちゃ苦戦。
足は滑りそうだし、掴みやすい突起もあまりなーい。
割れ目に手をつっこんだり、強引にしつつも、
ゼーゼー、なんとか登りきりました。ホッ。

奥のルートも無事登れました。

これで一通りの講習は終了。

鷹取山って面白い場所ですな。
雰囲気が遺跡や秘密基地みたいでワクワクする。
地形を活かしていろんな練習が出来るし。
そして住宅街のすぐそばでアクセス良し。

良い経験ができました。
夜は姉夫婦と居酒屋で飲んで、翌日金沢へ帰りました。
170501_01.jpg
photo:カラビナに可愛さを感じる。

仕事もプライベートも苦手なことがいろいろとあるミドです。
克服できないことだらけ。落ち込むけど仕方ない。
その分、やれることはどんどんやっていこう。


関東の旅2日目日記の前に、書こうっと。

前から欲しかったもの。
クライミング用ハーネス。

クライミングするためにというより、
この道具自体がカッコイイ。みたいなミーハー感。
もちろんクライミング出来たら尚良し。

ちなみに、ピッケルもカッコイイし、
たくさんのカラビナをジャラジャラ付けてるのも憧れる。

まあ、使えてこそ持つべきものなので買わずじまいでした。


・・・よし、
今年はクサリ場のある山にも行きたいし、
登山スキルを上げるために講習会を受けてみよう!
と、ヘルメットやハーネスを使う講習会の予約ボタンをポチ。

ふー、申しこんじゃった。

では、いよいよハーネスを買いますか。

170501_02.jpg

わーい。

他に必要なものは・・・。
ヘルメットと手袋はすでに持ってるし、
あとはカラビナとスリングをお買い上げ。

必要な装備が揃いました。

というわけで、関東の旅2日目の岩稜講習会へ続く。

170501_03.jpg
170513_04.jpg

夜行バスに乗り、再び関東へと向かったミドです。
久しぶりに横浜の姉の家にお泊まりじゃ。

今回の旅は二大イベントで構成されております。
雑貨好き心を揺さぶる、東京蚤の市。
ワクワクする岩登りを学ぶ、岩稜講習会。

旅1日目は姉と東京蚤の市へゴー。

入場してすぐ、古道具だらけのディスプレイが。
キャー、素敵!

脳内もブログも山ばかりになったけど、
相変わらず古道具や古家具のある空間は好きだなあ。

さらに、ディスプレイが素敵だと、もー、興奮するしかありません。

170513_01.jpg

古い木の家具の風合い、
錆びが良い味となった金属製の小物たち、
食事風景が絵になりそうな食器やカトラリー。

170513_03.jpg

雰囲気全体が素敵過ぎて
うっとりするお店もいくつかありました。

170513_02.jpg

好きなモノが詰まった空間にいると、心が満たされる感じ。

名前の知ってるお店もいくつかありました。
有名店だと飾り方も素敵過ぎるー。
蚤の市って、たくさんのモノの中に好みのモノが一部ある感じだけど、
この蚤の市は結構好みというか、良いモノが集まっていたよ。


はー、楽しかった!
たくさん刺激を受けて、部屋のインテリアを見直したくなりました。

170513_06.jpg
photo:人はいっぱいいました。
170506_01.jpg
photo:西御殿岩からの富士山。

またまた旅の準備をしているミドです。
キャリーバッグに着替えと・・・登山靴とヘルメット、スリングを入れてと。
週末晴れますように。


山旅3日目の続き。
西御殿岩の景色を堪能した後は笠松尾山へ向かいました。

前日の反省を活かし、水分補給はこまめに。
時々塩飴もなめて、塩分補給もしよう。

樹林帯を歩くこと40分ほどで山頂が見えてきました。

170506_02.jpg

木に囲まれていて、展望はなさそうな山頂ですなーー。

唐松尾山、2109m!!

170506_03.jpg

今回の山旅で、1番高い山なんだけど・・・。
標識が1番地味やん!

さ、次いくべ。
急坂を下っていきます。

今回の山旅は1日目にグンと標高を上げれば、
2日目以降は楽かなーなんて思っていたけど違った。
アップダウンが結構あって息は上がるし、
根や石のある狭い道は足元を注意しまくりで、
余裕の尾根歩きとはならなかったなあ。
でも、いいトレーニングになりそう。

170506_04.jpg

平らな道では時折休憩。
今回はアウトドアサプリやドリンクを毎日飲んでみました。
これで疲れが軽減されているはず~。

気合を入れて笠取山を登り始めます。
岩も多くて、手を使って登って進んで下りて、また登って。

最後の山、笠取山の山頂到着~。
1953m!
イエーイ。やったよー。

170506_05.jpg

と思ってたら、ピークは3つあるようで、さらに進むと・・・。
展望の良い山頂があったぜ!

170506_06.jpg

この景色を見ながら、山小屋のお弁当をいただきまーす。
なかなか良い席でしょ。

170506_07.jpg

無事4つの山を登った、達成感がじんわり。

3日間たくさん歩いたなあ。
歩けた自分が嬉しいのだよ。とても。
まあ、息が結構上がったし、体力のなさも痛感したけど。

さて、下山せねばね。

ほぼまっすぐ下へと続く道を下っていきます。
なんかスキーがしやすそうな山だなあ。

下って振り返ると、こんな感じ。

170506_08.jpg
photo:笠取山。

さらに下り、笠取小屋を通過し、さらに下って作場平に到着。

ふう。
終わった・・・・。
2泊3日の山旅を無事遂行しました!

はー。良い経験だった。

3日洗ってない髪と体をどうにかせねば・・・・温泉へゴーゴー!!
さっぱり生き返りました。
毎日汗ダラダラだったけど、シャワーを浴びなくても耐えられるもんですな。
今度は3泊に挑戦したいなあ。


夜には金沢に戻り、帰省中の姉一家と合流。
中学生になったハヤトや姉夫婦とカードゲームをエンジョイしました。
170505_01.jpg
photo:朝5時の小屋。

pascoのくるみブレッド(食パン)がお気に入りのミドです。
トーストすると、とてもうまいです。


山旅の続きです。

3日目の5月5日。再び朝4時起床。
昨日の夜はイマイチだった体調が復活。ホッ。
朝ごはんは、大好きな卵かけごはんと納豆!ウマーイ!

最終日は、すぐ下山でなく2つの山を登ります。
予定は、西御殿岩~唐松尾山~笠取山で下山。

小屋を出て、ひたすら登る。
空気は冷たいけど、すぐに体は温まりました。
暑い!

笠松尾山への道を一旦逸れて、展望の良い西御殿岩に向かいます。
重いザックをデポして、レッツゴー。

体がめっちゃ軽い。急坂もゴキゲン。

すると、楽しそうな岩が出てきた!
樹林帯に飽きたミドは、一気にテンションアップ。
登るぞー。

170505_02.jpg

さらに登る~~。
わー、今までで一番楽しい。

170505_03.jpg

西御殿岩に到着!
2075m!

170505_04.jpg

360度、すばらしい展望です。
天気も最高。

ずっと見てきた富士山も、今が1番素敵だ。

170505_05.jpg

南アルプスも美しい。

170505_06.jpg

前日行った2つの山が遠くに見えます。

たくさん歩いて時々苦しくて修行気分にもなるけど、
これだけ歩けたと分かるとうれしいよー。

170505_07.jpg

いやー、本当に良い眺めだった!

後に行く山も含めたどの山より、この西御殿岩が一番良かった。
プチ岩登りで、すごくイキイキしたよ。

元気が出たし、残り2つの山へ行くぞー。

④へ続く
170504_00.jpg
photo:雲取山山頂からの富士山。

来年はどこか外国に行きたいなと思うミドです。
外国の山をトレッキングしたーい。マッターホルン見たーい。


山旅①の続き。

山旅2日目の5月4日、朝4時起床。
5時に朝食を食べ、6時出発~。

この日の予定は雲取山(山頂)→飛龍山→将監小屋。
約8時間の長い山歩きスタートです。

早速、急な道を登りまして・・。

170504_01.jpg

まず1つめの山”雲取山”の山頂到着!
立派な標識が立っておりますな。さすが東京都最高峰。

170504_02.jpg
photo:山頂は大賑わい。

標高はなんと2017m。
今年は2017年・・・ということで記念の標識が。
富士山もばっちり見えてますな。
遠くにあるのに、この大きさ。富士山って大きいんだなー。

170504_03.jpg

雲取山は日本百名山のひとつ。これで12座目となります。

山頂からの眺めはいい感じだなー。

これから向かう、2つ目の山”飛龍山”が見えます。
結構遠いし、アップダウンが多そう(汗)。

170504_04.jpg

気合を入れて、行きますか。

もくもくと樹林帯を歩きます。
樹林帯はそんなにテンションが上がらないのだけど、
陽をさえぎってくれるのでありがたい。

170504_05.jpg

5月上旬でこの暑さだと、真夏はどんだけ暑いんだろう。

雲取山から3時間ほど歩いてきました。
振り返ると、雲取山があんなに遠くなった。

170504_06.jpg

残雪の道や桟橋を通り・・・。

170504_07.jpg

急坂を上って・・・ハアハア。

2つ目の山”飛龍山”に到着!
2069m!
ヤッター。
木に囲まれてて展望なーし。

170504_08.jpg

少し下って、展望の良い禿岩へ向かいました。
うわー、良い景色!

岩に座って、昼食タイムです。腹減った。

170504_09.jpg

南アルプスも見えるぜ~。
以前登った、甲斐駒や仙丈ケ岳はどれなんだろうか。

170504_10.jpg

今日の目標の2つの山頂を踏んだし、後は山小屋へ向かうだけ。
2時間以上かかります。遠いねー。

アップダウンを繰り返し、本日のお宿将監小屋に到着。
8時間・・・な、長かった~~。

170504_11.jpg

汗をかきすぎたので2日連続着たシャツは替えました。
はー。
・・・飲みたい。飲みたいよ、缶コーヒー!
スポーツドリンクばかりで飽きたよー(><)
と売店に行くが缶コーヒーなんてない。
カルピスウォーターで我慢しました。ジュースでも幸せ。

脱力感に襲われ、夕食までお昼寝。
この日、汗かきまくったけど、水分をとる量が少なかった。
軽い脱水状態になってた気がします。反省。
3日目も山に登るので、こまめな水分補給を心がけなくては。

夕食はカレーが出てきた!
おお、山小屋でカレーが出るのは初めて。なんかうれしい。

そして、初の大部屋での就寝。
7時に寝たけど、何度も目が覚めたなー。

③へ続く

170503_01.jpg

2日連続、朝5時半に目が覚めるミドです。
山から帰ってきたら早起きな体になってしまった・・・。


少し時は遡り、5月2日の夜。
ミドはおニューのザックを担いで東京へ向かいました。
夜行バスから電車に乗り換え、奥多摩駅からバスに乗って鴨沢に到着。

ここから、2泊3日山旅の始まりです。

今回の山旅は奥秩父縦走。
雲取山から始まり、2000m級の計4つの山を経由します。
ガイドさんがいるので道迷いの心配なし!
心配なのは、私の体力・・・やね。3日間歩けるかな。


1日目は小雲取山を経由して雲取山荘まで。
鴨沢バス停から小雲取山まで標高差約1400m。
がんばろー。

170503_02.jpg

樹林帯をてくてく。

3時間半ほど経ち、七ツ石小屋に到着。
ふー、休憩!
たくさんの人で賑わっていました。さすがGW。

170503_03.jpg

ブナ坂を越えると登山道は広々としてきた。

それにしても、天気が良すぎて暑い。
もう夏だっけ?
汗をかきたくないよ~。

170503_04.jpg

大分標高が上がってきたので、展望もよくなってきたぞ。

170503_05.jpg

今回は荷物も重めなので、
地道にひたすら登り続けるのは結構しんどいー。

スタートから5時間半。
ようやく小雲取山(1937m)に来た~~。

170503_06.jpg

山頂標識がなんとも簡素。これはこれでかわいいけど。
まあ、メインは雲取山(2017m)だからね。

おー、うっすらと富士山が見えます。わー。

170503_07.jpg
photo:真ん中に富士山がうっすら。

元気があれば雲取山の山頂にも行きたかったけど、
疲れたので今日はやめておこう。
どちらにしろ、明日行くので。

で、山荘までの巻き道を行くことにしました。
残雪ありのぬかるみ道でテンションを下げつつ、
雲取山荘に到着!!

スタートから6時間以上歩きました。
予想以上の暑さにばてましたなあ。

なにわともあれ、無事1日目終了~。パチパチ。

ところで、縦走時の着替えについてネットで調べておりました。
すると「数日なら行動中も寝るときも同じ服を着続ける」が普通らしい。
というわけで、汗拭きシートで体を軽く拭き、着替えずそのままお布団へ。

3日間シャワーも浴びれないし、たくましくなりそうです。

②へと続く

170503_08.jpg