雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

150610_01.jpg

この間のぽんこつ話を書くのを2年もためらっていたミドです。
ブログ読者が減ってないといいけども・・・・。


まだ実家でのんびりと暮らしていた頃、
ミドは映画「めがね」を何度も何度も観ていました。

南の島の浜辺の宿「ハマダ」を舞台に、人々がたそがれるお話。

あの空気感は説明がムズカシイので、
めがね公式サイト(音が鳴るよ)を参考にどうぞ。


撮影場所は、与論島。
鹿児島県最南端の島で、沖縄の近く。

そこにある民宿ハマダがまた良い雰囲気で。
そして携帯もつながらず周りに何もないところで、
たそがれてるのがなんだかよくて。

南の島はリゾートって感じでそれほど興味がなかったけど、
この映画を見て当時の私は行きたくなった。

行きたいなー。島へ。

泳ぐわけでもなく、
南の島のどっかでただただぼーっとしに。

派遣の期間がそろそろ終わるし、行ってみようか。
と本屋で離島の本を買い、旅行サイトでいろいろ調べておりました。

結局、旅に出るのではなく、
今のミド基地で一人暮らしすることを決めたのだけど。

いつか南の島へ行きたいな・・・。




コホン。


南の島、来月行くんだぜい。

ワーイ。ヒャホー。

あの頃とは目的が違いまして、たくさん遊びに行くのです。
水着も買ったよー。 ※水着というより海に入れる服かな・・・。

楽しみー楽しみー、ソワソワ。どーしよどーしよ、ワクワク。

ボーっと海や島を眺められたらいいな。
ボーっと魚を眺められたらいいな。
みんなでワイワイお出掛けしたいな。

はー、想像するだけでキャーキャー。机バシバシ状態。※重症
そんなわけで、ミドのアタマの中はすでに南国パラダイス。