雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

【旅日記:初日 <前次>

160709_01.jpg
photo:テイクオフ。景色が素晴らしい。

3連休中、久々にパラ道具なしで獅子吼高原をハイクしたミドです。
荷物がないと体がめっちゃ軽く感じる~~。息は上がるけど(汗)。


ツアー4日目。

風の予報はバッチリ。ってことで、クロスカントリー飛行(長距離飛行)に挑戦!
テイクオフするエリアは、グランボルノ。
そして、みんなが目指すゴールは、初日に飛んだアヌシー湖。
距離は約25kmです。

160709_07.jpg

地図を見ながら事前にみんなでミーティング。
テイクオフして高度を上げたら、
谷を越えて向かい(左)の山(尾根)に行き、
尾根沿いを通ってアヌシーへ向かう。のが大まかなルート。

クロカン未経験のミドはドキドキ。
遠くへ行くということは、指定のランディング以外に降りてしまう可能性大。
牧場など降りる所を自分で探し、降りなくてはいけません。
ランディング場以外の場所に降りたことないや・・・。
初めて見る地形&異国の地での遠出、ビビリのミドにできるのだろうか。

160709_02.jpg
photo:テイクオフへ向かうリフトから撮影。

テイクオフへはゴンドラとリフトを乗り継ぎ、2000mの山の上にある。
360度、どこを見ても素晴らしい景色。
雲もあっていい感じ。

では、テイクオフ!
160709_06.jpg
photo:テイクオフしたミド。とナイスな背景。

テイクオフすると、すぐに上昇気流に乗りました。
ぐんぐんと上がり2500mを越え、雲底に到着!!
遠出にいける高度になった。
でも、まだ誰も遠出スタートしてなくて、スタートする勇気がでません。

みんなの様子を見ているうちに、高度が下がってきました。アワワ。
そして、数人が遠出をスタートし始めたんだけど、ミドは躊躇。
行きたいような・・・でもなんか怖いよー。

でもでも!シャモニーの時の悔しい思いはしたくない。
チャンスを逃したら絶対後悔する。
失敗してすぐ降りてしまってもいいからやってみよう!

高度を上げなおし2400mになったのでスタートしました。
誰も見ているわけでないので、自分で考えて判断していかなくては。

まずは谷を越えよう。
さっきのリフトから撮った写真の、右奥の岩山に向かいます。
もう戻らない覚悟は決まりました。
それだけで、一つステップアップした気分。
途中で降りても、GPSと携帯とホテルの住所があればなんとかなる。

谷越え中はひたすら高度が落ちていきます。
岩山に近づくころには、森が近く感じるほど低くなってきました。
前にいる人が上げているから大丈夫なはず。ドキドキ。

期待通りグンと強い上昇風に乗れた!まずは一安心~。
岩山より高く上がれました。よしっ。

次は、コルを越えて隣の尾根に行かねば。

あ、写真を撮ろうっと。
160709_03.jpg
photo:目の前の尾根の先に、アヌシー湖があるはず。

徐々に高度がさがり、尾根下の斜面中腹に到着。
どーんと強い上昇風により600m上げて高度復活!
それにしても、上昇風が強くてはじかれそうになり怖いっ。

尾根沿いに進んでいくと・・・アヌシー湖が見えた!
うわーい。
ゴールが見えると進む方向が明確になって安心する~。

160709_04.jpg
photo:谷の先にアヌシー湖がちらり。

ここからどこを通って、湖へ向かおうかな。
地形と風向きで考えてみるものの・・・こうかな?ああかも?
・・・・うーん、難しい。

目の前にある雲が低かったので、
左端あたりを通って奥の岩山の方へ進んでみることにしました。
右奥の岩山の上に飛んでる機体がいて、近くで上げて私も上に行ければいいな。

そして雲のあたりを通るときは高度が2000m近くあったのだけど、
その先の岩山の横がすごい下降地帯となっていて、
毎秒5mの勢いで一気に高度が落ちていく~~~。
そこから離れようとしても高度が落ち続ける~~。

ひえー。まじですか。
アヌシー湖はあそこに見えてるのにっ。

前で飛んでいる先生のところまで行きたかったけど高度が落ちまくり。
もうアカン。
近くですでに降りていたメンバーがいたので、同じ場所に降りることにしました。
誰かの家の広い庭(?)に無事着陸。

降りちゃった・・・・。
ゴールまで行けなかった。残念。

だけど、やったよクロカン!!飛行直線距離18km!!
ミドにとっては大冒険!イエーイ!!大興奮!

160709_05.jpg
photo:降りた場所。

その後もう1人きて、計3人が同じ場所に降りました。

さて、どうやって戻ろうか。
車の鍵を持ってるEさんがここにいるけど、車は遠く離れたグランボルノにある。
ホテルが数km先にあるので、そこまでヒッチハイクで行こう!

道路を歩きながら、車が通るたびヒッチハイクのサインを出す。
ミドもサインを出してみたら、親切な方が車を止めてくれたよ。
そしてホテルに帰ってこれた。メルシー!!

この日は、3名の方がアヌシー湖までたどり着いてました。スゴイ。

後から先生や先輩方に、
ここでこっちに行けばアヌシーまで行けたかも。
スタート位置をもっと風上にすれば高度ロスは減らせたかも。
って話を聞いて、勉強になったし自分の判断材料や経験が足りないと実感。
遠出のおもしろさを初めて知って、世界が広がりました。

ヒャッホー!

次の日は、標高3842mの世界へ行ってきました。

【旅日記:初日 <前次>