雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【蝶ヶ岳:前編中編後編

160727_01.jpg
photo:上高地。

しばらく空を飛べないミドです。
翼がないのでしばし空を忘れて、山へ行こう!

日帰り登山専門(?)のミドは、日帰りできそうな山をリサーチ。
いろんな山が浮かんできて日々気持ちは変わり、
直前の金曜夜まで登る山に悩み、決めました。

北アルプスの”蝶ヶ岳”。

険しい山々を眺めたい。
蝶ヶ岳から穂高岳を眺めたい。

上高地方面から登ることにしよう。
早めのシャトルバスに乗れれば日帰りできるかな。

コースタイムを見ながら行動予定を考えている時、あるワードが頭に浮かぶ。

それは「山小屋」。

ミドは山小屋に泊まったことがありません。
混みそうな週末に大勢の中に1人で寝る勇気がなく、
どんなシステムかも分かんないのが不安でビビッております。

フランスで飛んでレベルアップした今なら山小屋泊出来るかも!
うーん、やっぱりコワイ。泊まりたい。でも・・・。
勇気がなければ、日帰りすればいっか。
とりあえず、着替えとかお金は持って行くことにしました。

金曜、夜10時オヤスミ。

土曜、早朝2時半オハヨウ。
早起き~。ネムイけど、行かねば。
暗い中運転して・・・平湯の駐車場に5時半過ぎ到着。
6時ごろのシャトルバスに乗り・・・6時半に上高地に足を踏み入れました。

懐かしの上高地。高校での家族旅行以来かも。
ほとんど記憶にないわー。

160727_02.jpg
photo:河童橋。ここからしばらくiphone撮影。

まずは、登山口のある徳沢を目指して、2時間の歩き。
梓川を見ながら、遊歩道を歩いていきます。
さわやか~。

160727_03.jpg
photo:2時間はこんな道。

8時半、徳沢到着。

2時間歩いたけど、登山は今からなんだよね。
登山口の前に立ちました。

160727_04.jpg

これから約3時間半の長い登りが待っています。
さ、行くか!

160727_05.jpg

登山道はこんな感じ。
樹林帯の中をひたすら登る。登る。登る。

結構急坂。結構キツイ。

1時間後も景色は変わらず。
160727_06.jpg

2時間後も変わらず林の中で・・・。
ずっと続くよ、急な坂。疲れた~。

せめて、景色が変われば気分も変わるのに。

登りながらも迷っておりました。
日帰りするか、山小屋に泊まるか、揺れるヘタレ心(笑)
行動力があるとよく言われるけど、最初の一歩はいつもスゴイ葛藤。
うー、頂上行ってから決めよう!

160727_07.jpg

蝶ヶ岳まであと1km!!
キター!!
頂上が近いし、さすがにそろそろ景色が変わるでしょ。
稜線歩いたり、遠くの景色を眺めたいよ~~。

3時間経過・・・・まだ樹林帯。
景色変わらんのかいっ。
こんなに長い時間、景色を楽しめない登山は初めてだぜ。

160727_08.jpg

すると、やっと樹林帯を抜けた~。
この時を待ってました。
目の前に丘らしきものが。ん?頂上?

160727_09.jpg

とまどいながら登ってみると、本当に丘みたいな頂上がありました。
山頂の目印はどこかなー。

あ、発見。

160727_10.jpg

とうとう来たぜ!
蝶ヶ岳山頂、2,677m。

歩いた時間は5時間半。なげー。
はー、疲れた。

果たしてミドは山小屋に泊まるのか。
山頂からどんな景色が拝めるのか。
中編へ続く。

【蝶ヶ岳:前編中編後編
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。