雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

【蝶ヶ岳:前編中編後編

160729_01.jpg
photo:日の出を待つ多くの人たち。

中編の続き。
今回は素敵な写真三昧!ご覧あれ~~。


山小屋で迎える朝。

早朝4時、
真っ暗な部屋の中で多くの人が動き出す。
山の朝は早起きですな。

私たちも起きました。
朝日を見に行こう!

外はかなり冷え込んでるはず。
ダウンとジャケットをきて外へ。

ヒンヤリと冷たい空気。
水辺線は赤く、みんなが日の出を待ってます。

160729_02.jpg

わ!!槍穂高連峰が見えてる!!
稜線がくっきり。
うわー、美しいです。

160729_03.jpg

日の出を待ち望んでいると、雲海の中に赤い光が。
あれはなんだろう。

160729_04.jpg

ん?

160729_05.jpg

あれ?太陽だよね??
丸いよね。太陽だよね。

雲の中から太陽が出て来てるように見えた。
もっと雲海の向こうから、出てくるのを想像してたのだが。
感動より戸惑いが(笑)

後ろを振り向くと・・赤く染まる槍ヶ岳や穂高岳。
なんもいえねー。

160729_06.jpg

みなさん写真を撮りまくり。

160729_07.jpg
photo:槍ヶ岳。

160729_08.jpg
photo:穂高岳。

うわーうわー。
山小屋泊すると、こんな景色が待ってるのね。

こんなん見せられたら、山に惚れるよー。
空と山、自然の魅力はスゴイね。

予想以上のご褒美にテンションアップ!
泊まってよかった!

160729_09.jpg

赤く染まる時間は短く、すぐにまた落ち着きのある色に戻りました。

体が冷えてきた~~。
部屋に戻り、荷物の整理。
なんだか楽しい旅が終わるようでしんみり。

朝食は鮭に卵焼きにきんぴらゴボウなど。いいねー。
美味しい。エネルギー充電バッチリ。

荷物を持って、蝶ヶ岳山頂へ。

160729_10.jpg

ヘリが荷揚げしてたよ。
山小屋の奥には常念岳が見える。
今日は良い写真が撮れまくりだ。

蝶ヶ岳~常念岳縦走してみたかったけど、また今度。

しばし、槍ヶ岳穂高岳鑑賞。
何度見ても美しいな。

160729_12.jpg
photo:ミドとユカイな仲間達。

お別れ前に3人で記念撮影しました!

今回の旅仲間、
年上のような落ち着きのある営業向きなOくんと
スポーツ好きで友達想いの面白いSくんです。
2人とも気さくで趣味の話から恋バナ、
くだらない話もたくさんして大学時代の合宿みたいだった(笑)
山だからこその、この距離感。

頂上でお別れしました。
本当に、ありがとう!!
またどこかの山で~~。


さて、長い下山を始めるとするかー。
ほとんど休憩なしの2時間半。
ストックなしで急な坂を下り続け、徳沢到着。

160729_13.jpg

ふくらはぎヤバイ。
あまりに暑くて、冷たいソフトクリームを買いました。
写真が撮るのも忘れてかぶりついたよ(笑)

ふー生き返る!
これから・・また2時間の歩きが待ってる。
なだらかな道も、今はキツイぜ。

明神、河童橋と進む。
観光客もいっぱいいて、ミドも観光気分でお買いもの。
その後シャトルバスで爆睡し、平湯で温泉に入ってサッパリ。
高速を走り金沢に着いたのが5時過ぎ。

おつかれさまでした~~。
山小屋泊っていいね!!

余談ですが、
2日間ふくらはぎの筋肉痛がキョーレツやった~~~。
下りの時にかなり足にきたようです。
獅子吼で17kg担いでハイクしてたから、鍛えられてると思ったけど・・。
下山はいつも飛んでたから、鍛えられてなかった(笑)
まるで両足負傷したかのようにヨロヨロしてたよ。

そんなこんなで、楽しい登山なのであった。

160729_11.jpg

【蝶ヶ岳:前編中編後編