雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

161023_01.jpg
photo:別山。

週3日休みだったらいいのに。と思うミドです。
2日登山で1日パラとか、いろいろ遊べる暮らしがいいなー。
実現したらアウトドア貧乏まっしぐら。

さて、別山登山の続きです。

山小屋から別山への道はひたすらビュービュー。
被ってるニット帽が脱がされそうです。
この間の台風18号を思い出す。知らぬ間にハナミズが・・。

でも景色はいい。

そして、たどり着きました。
別山南峰、2,874m。

161023_02.jpg

ワーイ。
だーれもいません。
・・・・風に煽られるし、ちょっと心細い。

そして、お楽しみの剱岳!ババーン。

161023_03.jpg

わー。
ゴツゴツギザギザ。
ここを登ろうと思う人々はスゴイですな。


雄山方面への道もよさげ。

161023_04.jpg

この色合い、よいね。
森林限界を超えた山の景色がやっぱり好きだなあ。


ここから10分行けば、別山北峰2,880mがある。うーん、今回はやめとこう。

161023_07.jpg

山頂でラーメン!を食べたかったけど、この風ではゆっくり休憩できませんな。
写真を撮ったら即下山じゃ。

下山は来た道を引き返します。
体は冷えてないのでフリースやダウンはいらないけど、
風の当たる顔半分は冷え過ぎてマヒしてます。

山小屋を通過し稜線沿いの道が終わると風は弱まり、ホッ。

トコトコと下山します。
余裕が出てきたので、写真を撮りながら。


立ち止まって景色を眺めた時、近くでガサッと音がした。
ドキッ。
なんかいる・・・・と振り向くと、

161023_05.jpg

ら、雷鳥さーーーん!
初めて出会えた。会いたかったよー。感動。カワイイ。
噂通り、逃げずにマイペースに歩いております。

ルンルン。

景色を眺めながら歩き・・ミスをしました。
下山する分岐に気付かず、奥大日岳方面へ進んでしまったよ。

あ、いい景色発見。

161023_06.jpg

奥大日岳へと続く道。
奥大日岳から称名滝への道も通ってみたいです。

奥大日岳から下山してきた数人とすれ違う。
登山者は、この子(ミド)は今から奥大日岳行くのか?と思ってたようです。

そして、しばらく歩き、気付きました。
雷鳥沢キャンプ場が遠くに見える・・・もしや、行き過ぎた?
スマホのアプリで現在地確認。
ルートマップと照らし合わせ、分岐を通り過ぎたと知りました。

来た道を引き返す。稜線沿いは冷たい風が吹いてる。

すると・・・空からフワフワと舞い降りてくるものが。
この冬(秋だけど)初めての雪。

足早に下山です。
さっきすれ違った人達に追いつきました。
「早っ」と驚かれたけど、あっ奥大日岳には行ってませんよー(汗)。

そして、川を渡り雷鳥沢キャンプ場まで戻って来たぜ。
ここまでくれば結構人もいて、安心。

ふー、もうクタクタだー。
でもこれから地獄の長い長い階段登りが待ってます・・・憂鬱。

次回に続く
へたれミドと温泉とバーナーデビュー。
161023_08.jpg
photo:別山の祠。