雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170423_01.jpg
photo:登山道を振り返りパチリ。

今週末は梨の手伝いに呼ばれなかったミドです。
じゃあじゃあ、山に行くぞ。


久しぶりの一人登山だ~。
日常を忘れて、まったり景色を眺めながら、黙々と歩きたい。

ずっと気になってた奥獅子吼山にゴー。
上空から山頂を見たことあるけど、歩いていったことはないのです。

パーク獅子吼の登山口からスタート。
途中の月惜峠までは去年何度も登った道。
峠の分岐からは、見慣れぬ道です。

170423_02.jpg

道沿いにはカタクリの花がワラワラと咲いてました。
まさにカタクリロードですな。

170423_03.jpg

熊や道迷いの心配してたけど、登山者が結構いて一安心。
団体さんからトレランさんまで様々。
登山道を走れる体力のある人、スゴイ。うらやましい。

1時間が過ぎ、林道を横切り、高圧線の鉄塔の真下を通過。

今までは素敵な、カタクリロードだけど、
ここからは苦手な、ぬかるみロード。

170423_04.jpg

雪解け水が登山道を流れてぐちょぐちょ。
ぎゃー、靴が沈む。
うおっ、滑りそう。
サクサク進めません。

途中からは雪道も。
木の枝が行く手を阻み、避けるのも一苦労。

170423_05.jpg

長いぬかるみ&雪道ロードに飽きてきた頃、
多くの人の声が聞こえてきました。

170423_06.jpg
photo:山頂はすぐそこ。

そして山頂到着!
奥獅子吼山928m。
パーク獅子吼から2時間10分でした。

170423_07.jpg

山頂は雪はないけど、人はわんさか。
何十人いるんだろうか。
隅っこで休憩。
ガスバーナー持ってきたけど、使う気分でもないなー。

はー、白山カッコイイ。
ぼーっと眺めてました。
山にいると、頭の中がスッキリするなあ。

170423_08.jpg

天気が良すぎ。
海も見えました。

170423_09.jpg

さて帰ろう。
来た道を引き返し、月惜峠の分岐まで戻って来ました。

もう少し歩きたいなあ。
獅子吼高原まで往復してこよう。
と向かったら倒木で道塞がってた。

170423_10.jpg

ありま。帰ろう。
下山し、ジムでさっぱりして帰りました。

奥獅子吼山へのルートは、
気軽に行ける時間と距離でなかなか良いですな。
(ぬかるんでなければ。)