雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170611_11.jpg
photo:天狗岳を眺めるミド。

以前まで八ヶ岳って1つの山かと思っていたミドです。
行く時になって、ようやくその山を知ることが多い。

八ヶ岳をよく知らない人のためにこんなものを用意してみました。

170611_01.jpg

たくさんピークがある山の塊だったんですな。
左側が北八ヶ岳で前日に行った北横岳もある。
右側が未踏の地、南八ヶ岳。

今回は南八ヶ岳の硫黄岳・横岳の日帰り登山に挑戦する日記です。


10日、朝4時起床。
天気予報を見ると、正午あたりから雨マークになってる~。
約2時間かけて、登山口の桜平に向かいます。

駐車場に到着し、朝6時半頃登山口を出発。

空は雲多めですなあ。夏沢鉱泉で登山届を提出っと。

170611_02.jpg

しばらくは樹林帯を散歩。
癒しの木々と苔と水の音。
に加えて、ザーッ、ゴーッとすげー風の音。
この音、去年台風が来た時に聞いたわ・・。

170611_03.jpg

オーレン小屋まで来ました。
山の上はガスってる。ガーン。

170611_04.jpg

雨が降らないことを祈りつつ進みます。
時折Kちゃんとしゃべりながらテクテク。

風で木が根っ子ごと揺れてるんだが、倒れてくるなよー。

170611_05.jpg

3つ目のヒュッテ夏沢に来ました。
相変わらず、スッゲー風の音。
そろそろ森林限界が近づいてくる。
普段は楽しみな稜線歩きも、今日は微妙。
稜線はモロに風をくらうからなあ。

170611_06.jpg

少しずつ高度を上げて行くと、雲がなくなり日が射してきました。
ヤッター。良い景色を拝めそうだ!写真を撮るぞー。

木々が減り風が当たるようになってくると、時折体が押されることも。
地形のおかげでまだ風が直にきてないので、心に余裕はある。

高度が上がると、天狗岳も見えてきたよー。

170611_07.jpg

だんだんと風が強くなり、風に耐えながら歩き、
強く吹く時には立ち止まり耐える。

一体風速どれだけあるんだろ。

170611_08.jpg

さらに進むと降りてくる人に、
「この先はやめた方がいい。」と言われました。

そんなにやばいのか・・・。
少し先のケルンのあるところまで行って判断することに。

170611_09.jpg

さて、火口のところまで来ました。
ここから先はモロに風が当たりそうです。
右から強烈な風が吹いていて、左側は・・・・。

170611_10.jpg

崖。
オウ。落ちたら終わるな。

試しに進んでみることにしました。
姿勢を低くして何歩か進み、行けそうと思ったけど・・・。

地形のせいか急に強さが増し、
!!!
とっさにしゃがみ、心を決めました。

下山する!

多分今の強さが、私の限界だと思う。
ドンってさらに強い風が来たら、体が持っていかれそう。

標高は2700mを超えていて、山頂までもう少しだったんだけどね・・・。

下山中、風の強さは増してきて冷たい風がバシバシと当たる。
顔や鼻の中が痛いっす。
今は樹林帯に早く戻りたい~。

休みながら下山し、無事駐車場に帰還。
車に乗ったら、ちょうどポツポツと雨が降ってきました。

登頂できなかったけど楽しかった~。

帰りは諏訪湖が見える立石公園に寄り道。
「君の名は」の糸守町と噂される諏訪湖を撮りたかったのさ。
そして疲れた私達は、ラーメン屋でエネルギー補給したのであった。
170611_12.jpg