雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170716_01.jpg
photo:常念岳をバックに登る。

8月は連休だらけの予定にしたミドです。
3連休、4連休、5連休と毎週遊びまくるぜい。


槍ヶ岳登山の続き。

急な坂を登り続けて疲れてきた頃に、天候が崩れ始めてきた。
楽しみにしていた槍ヶ岳のお姿も見えなくてしょんぼり。

ハアハア。
息も上がってきました。

170716_02.jpg

道は次第に岩ばかりに。

道中の岩に、槍ヶ岳山荘への距離が表記されています。
1500mくらいから始まり、1200m、1000mと段々近づく。
山頂に行く前に、山荘に寄って昼休憩の予定。

もう、しんどくなってきたー。山荘はまだかー。

170716_03.jpg

だんだん風が強くなってきた。
天候が荒れ始めて・・・一気に強風に。

うわ。
メンバーの1人が風にあおられ転倒。

そして・・・・雨まで降ってきた。
嘘。まじで。

冷たい雨風に心を折られそうになったころ、山荘が見えた。
山荘(標高3080m)に着いた!
きつかったよーーー。

170716_04.jpg

山荘に着いたのは11時。
天候が荒れる前に山頂へ。と考えてたけど、もう荒れ始めてるし。

とりあえず、腹ごしらえだ。
熱々のカップラーメンを購入。ウマイ。温まる。

多くの登山者と同様、山荘の中で待機することになりました。
風の吹きつける音や、窓にあたる雨のしずく。
山頂へ向かう天気ではないなー。
外は風速20mを超えていそう。予報ではどんどん強くなる。

登頂できないかもしれない。

単独で来てたら断念してるこの状況。
ガイドさんがどう判断するか分からないけど、だめな気がする。

2日かけてここまできたのに。
すぐそばに槍ヶ岳の穂先があるのに。
登りたいよー。

雨具を着てヘルメット被り、待機していると・・・雨は一旦おさまった。

ガイドさん「行ってみましょう」

まさかのゴーサイン。
周りの登山者もその判断に驚いてました。

よし、行くぞ!

外の風は、先月の硫黄岳ほどではないけど強い。
山荘を出て、まっしろな景色の中を歩くと、槍の穂先がすぐに現れました。
え、こんなそばにあったんだ!

170716_05.jpg

霧が濃すぎて、全然気付かなかったよ。

170716_11.jpg
photo:山荘のすぐ横が山頂。

上りのコースに近づくと、風が穏やかになった。
登る方の斜面は、風の影響を受けにくいみたい。

これなら行ける!

鎖や杭を使ってよじ登っていきます。
想像してたより急な岩場だけど、怖さはない。

170716_06.jpg

アスレチックみたいに、ひたすら登っていきます。
天候のおかげで登山者はほとんどいない。
私達ツアーメンバーの他は2組くらい。渋滞もなく快適です。

170716_07.jpg

ガスがなければ、下にはどんな景色が広がってるんだろう。
なんて考える場合ではない。景色なんて今はどうでもいい。
雨風の弱いうちに登って、降りねば~。

そして、頂上直下のはしごにたどり着きました。
これを登れば登頂です。
きたよ、この時がっ!!!

170716_08.jpg

慎重に一段ずつ上がり、

上がって・・・。

槍ヶ岳登頂!!
やったーーーーー。
長居は無用、記念写真!!
170716_10.jpg

証拠ゲットだぜ。

ツアーメンバー、みんな登頂!よかった!よかったね!!

喜びもつかの間、岩場の下りスタートです。
その3へ続く


170716_09.jpg
photo:山頂はまあまあ狭い。