雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

170718_01.jpg

パソコンが壊れだしてきて困っているミドです。
いきなり画面が真っ暗になる。このブログを書いてる途中にもー。


槍ヶ岳登山その3の続き。

標高約3000mの山荘から上高地の入口まで約20km。
長い下山の始まりです。

スタートは、霧雨とそれなりの風。
予報ではこれから天気は回復傾向です。
下山するころに、槍ヶ岳が姿を現すんでしょーなー。
槍ヶ岳に来たけど、槍ヶ岳の姿を近くで見ることないとは。

登頂できただけ、良しとしよう!

170718_02.jpg

というわけで相変わらず真っ白な景色の中下山。

濡れた岩で滑らないよう気をつけて下りていきます。
そして、より慎重にいかねばならぬ雪渓の下り。
上りより、下りの方が滑りやすい。

170718_03.jpg

一歩一歩踏みしめていくと、凍った箇所があり・・・。
苦戦していた前にいた人が、足を滑らせてしまいました。
滑り台のようにスーッと、雪渓の先にある岩場へ向かって滑っていく。
「止まれ!」周りで叫ぶ声がして、緊張感が走る。

岩場の直前で止まって、みんな一安心。ふう。
折れたのがストックだけで良かった・・・。

前回の赤岳の時も転落事故があったし、危険は身近にあるんだな。

170718_04.jpg

槍ヶ岳が間近に見える最後のポイントまで来てしまったけど、
相変わらず空は真っ白。
槍ヶ岳の姿、一度も近くで見ることは叶わずだったか・・・。


登ってる時はとても長く辛く感じた道も、下りの時はあっさりと過ぎていく。

あっという間に、大きな雪渓のところまでやってきました。
ここからアイゼン装着。

170718_05.jpg

この雪渓を終えて、しばらく進むと槍沢ロッヂに到着。
ここまでくれば、あとは傾斜の緩い道となりますな。

そして、ようやく見えました。
槍ヶ岳の姿。

170718_06.jpg

今回の槍ヶ岳登山で、これが一番近くで確認できた槍の穂先です。
・・・しょんぼり。

空は徐々に晴れてくる。
なんだか近づくと荒れて、離れると晴れるなんて。
今回は天候に恵まれなかったな。
でも、経験値は増えたかも。
ガイドさんがいる内にいろんな経験できれば、ソロ登山の役に立つね。

170718_07.jpg

横尾山荘まで戻ってきました。
ここは穂高岳への分岐路でもあるので、登山者が多くて賑やか。

ここまでで5時間歩いております。
あと3時間かあ。
おなか空いたなあ。

次の徳沢では食堂で昼ごはんなのでガンバロー。

約1時間後、徳沢園に到着。
素敵な食堂でみんなでランチ。

170718_08.jpg

カレーやうどんを皆が食べる中、ミドはトーストとアイスカフェラテをオーダー。
1人カフェ気分。
冷たいカフェラテで心は生き返る~~。

もう旅が終わった気分になりそうだけど、まだ2時間近く歩かねばならんのだよ。

再び歩き始め、ふと視線を感じ横を見ると、お猿さんが道の脇に座ってた。
見つめ合う私達。
写真を撮ろうとカメラを出したら、去っていっちゃった。

170718_09.jpg

午後2時半頃、上高地バスターミナル到着。
歩き飽きたよー。

ともかく3日間、お疲れ様でした。
怪我なく無事終えられてよかったです。

来月は4日間の山旅を楽しんできます。
晴れますように。

170718_10.jpg