雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山旅:1日目(観光編)・2日目(涸沢編)・3日目(北穂編①)・4日目(奥穂編①)

170811_01.jpg

姉一家とのお出掛け中「君の名は」を車内で見ていたミドです。
姉と二人でウルウル。涙が・・・。


山旅3日目の続き。

涸沢を出発してから3時間ちょい過ぎ、

北穂高岳登頂!!!
3,106m!!

イエーイ。
穂高に登ったぜー。

周りが白くて、景色が見えないぜーー。
少し見えてる青空をバックにして写真を撮ってもらいました。

山頂直下にある北穂高岳小屋のテラスで弁当を食べよう。
まだ朝の9時半だけども、腹減った。

170811_02.jpg

テラスに出ると、ガスが晴れた。
槍ヶ岳方面の稜線が姿を見せてくれました。

ただただ、美しい。

170811_03.jpg

槍ヶ岳までは見えなかったのが残念。
再びガスで隠れてしまいました。

標高3100mのテラスはこんな感じ。

170811_04.jpg

雲がもふもふしています。
これで山々の景色が見えたら最高だったのに~~。

まあ、晴れただけでも良しとしよう。
数日前に予報を見た時は、雨だったからね。
風も穏やかで、平和な天候でありがたい。

休憩1時間。のはずが暇を感じたガイドさんが南峰にも登ろう!と言いました。
(山頂の標識や小屋があるのは北穂の北峰)

170811_05.jpg
photo:北峰より撮影。ギザギザな南峰。

え、あのすごそうな岩のところに行くのですか!?
とびびったけれど、思ったほどヤバイ道でなかった。
荷物をテポして空身で登ったので楽~。

170811_07.jpg

特に山頂の標識があるわけでもなく、適当に岩に座って休憩。
まったり休憩してると、登山者が登ってきました。

ここは奥穂へ向かう縦走路だった。
奥穂へ続く道はこんな感じ。上級者ルートです。

170811_06.jpg

下山せずにこのまま奥穂へ行ければいいのになー。
技術力がないので一旦2300mまで下山して、翌朝また3190mまで登らねばならん。
縦走できるくらいにレベル上げたいな。

さて、下りますか。

170811_08.jpg

目標達成のおかげで、ご機嫌でくだりはじめます。

常念岳が見えて展望サイコー。
去年登った蝶ヶ岳も見えるよ。赤い点みたいなのがヒュッテかな?

170811_09.jpg

買ったばかりのコンデジのズーム機能を試してみよう。
光学40倍ズームで撮ってみると、蝶ヶ岳ヒュッテがしっかり見えました。
スゲー40倍。

170811_10.jpg

下り始めは元気だったけど、だんだん足が痛くなってきました。
多分、足の指にマメができたっぽい。イテー。

暑さと足の痛みで、しゃべる元気もなくなりました。
疲れた~~。
早く、涸沢小屋でソフトクリーム食べたい~~~。

ようやく小屋が見えたとき、めっちゃうれしかった!!
みんなで濃厚バニラソフトクリームにかぶりつきました。
冷たい。ウマイ。幸せ。

170811_11.jpg

というわけで、北穂高岳登山は無事終了。
撮った写真を見て、にやけます。

翌日は奥穂高岳登山。

奥穂登山日は雨を覚悟してたけど、前夜の予報では晴れそうとのこと。
どうやら参加者の中に晴れ女さんがいるようでした。
登山の疲れが回復するのを祈りつつ、眠りにつくのであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。