雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

080314_01.jpg

以前新竪町に”サロン粋”という、
センスの良い空間で、
クリエイティブで温かい人たちが集まる、
とてもお世話になったカフェがあった。

そのスタッフさんに京都のお土産にとlisnのお香をもらい、
初めてlisnさんのことを知りました。
たくさんの種類の香りから、私のイメージに合うものをセレクトしてくれて、
実際に炊いてみるとやさしい香り。

香水、アロマキャンドルなど香りモノの中でもお香が一番好きな私は、
雑貨屋で買ったものやもらいものをいろいろ炊いてたけど、
最近はlisnさんのお香に落ち着きました。

サロン粋のあった場所は、
空間の良さを残したまま”KiKU”というシルバーのお店になり、
そこでlisnのお香を販売しています。

お香の香りはもちろんのこと、重要なのはカラー。
お香も、お香用ライターも、お部屋に合う色だと落ち着くのです。
茶系がグレーのお香の中から好みの香りをセレクト。

今炊いてるお香は、”MYSTIC NOSTALGIA”。
針葉樹林の香り。

今まで炊いてたものに比べると香りが強めだけれど、
私に合う種類の香りなのでとても心地良い。

落ち着くなあ。