雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

080524_01.jpg

2日目は旅のメインディッシュ”クラフトフェアまつもと”に行ってきました。

作家モノが好きなら誰もが知っているであろう有名なイベント。
4倍近い倍率を突破した作家さんだけが出展できるとあってレベルも高い。
ということで、これは行かねば!と決心。

ミドズカフェで紹介しているお店のオーナーさんや友達も
何人か行くと聞いていたので、誰と遭遇するか楽しみでした♪

初日オープンの朝11時前に到着したにも関わらず、
すでに人がいっぱい~~~~~。

良いものは初日の午前中で売り切れるのが納得なほど、
みなさんどんどん良いものをゲットしておりました。

とりあえず一通り見ようと回ったものの、
ブースが多すぎてどこをまわったのか分からなくなるよー(^^;

木工、革モノ、布モノ、金属工芸など
さまざまなテイスト・アイデアの作家モノにワクワク。

陶芸作家さんの醤油入れや器、
革作家さんのバッグなど、
気になるモノを見つけては作家さんの名前をメモメモ。

080524_02.jpg

以前から金属モノのスプーンを探してた私は
数人の作家さんの作られたスプーンをいろいろ検討した結果、鉄のスプーンを購入。
ブースの写真も撮らせていただけました。

その後もウロウロしてたら、”リュケリ”さん夫婦に遭遇!
やっと知り合いに会えた~~~。

そして、以前購入した器の作家さんをお見かけしました。

松本の気になるお店もみようと会場を出て歩いてたら「みどさんっ」と声が。
運転中の”ムシャリラムシャリロ”さんに遭遇。偶然っ!

080524_03.jpg

会場から少し離れたところにある中町通りを散歩。

最初に向かったのは”はかり資料館”。
工芸の五月というイベントにアノニマ・スタジオさんが参加されていて、
和室には中川ちえさんのセレクトした雑貨たちが並び、
蔵にはステキな書籍が並んでおりました。

中町通りを抜け、”ギャルリ灰月”へ。
「市岡泰作品展」が開催されており、
素朴で温かみのある白やこげ茶の器がかわいらしく並んでおりました。
他にも知っている作家さんのものや私のお気に入りのものも発見。
洗練された雰囲気を感じるお店でした。

その後、再びクラフトフェアに戻り、気になる作家さんのブースを一回りして終了。

友人とカフェでおいしいゴハンを食べて帰り、眠りにつくのでした。