雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120425_02.jpg

花粉付け機械のネーミングセンスに苦笑するミドです。
興味のある方はメーカーサイト(下の方に記載)をご覧ください(笑)


パンを焼くときレシピを見ると、

200度で10分。とか
180度で15分。とか

焼く温度が書かれております。

オーブンであればピピッと温度を設定すればOKだけど、
無水鍋”にはそんな便利な機能はない・・・。

というか、鍋の中は一体何度なん??
未知すぎる。

うーん、知りたい。


高温になりすぎてもおそろしいし、
どれくらいの火力で何度になるのか知っておきたい。


で、発見!オーブンメーター

なんかオーブンでも設定温度と実際の温度が違うこともあって、
これでオーブンの本当の温度を知る。のにいいらしく、

これなら鍋の温度を計れるぞー。 ※鍋使用OKかは不明。


キッシュの生地を焼くときに、
タルトストーンと一緒に生地の上に置いて
鍋の真ん中に温度計がくるようにして火を入れる。

火の大きさを変えずに10分経ってから、
鍋のフタをちょっと開けて温度計をチェック。

200度越えてました。

ちょっと強すぎるかな。
少し火を弱めてしばし経ち、再びチェック。

ちょうど200度。

よし、この火の強さを覚えておこう。

なんとなく分かったのでオーブンメーターは
現在部屋の温度計に役目変更。
小さくてデザインもシンプルなので飾ってもカワイイ。


それから数週間、
なんとなくの感覚だけどパンがいい感じで焼けております。
温度を知っておいて良かった~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。