雑貨屋  古道具・家具屋  カフェ  日々 

山旅:1日目(観光編)・2日目(涸沢編)・3日目(北穂編①)・4日目(奥穂編①)

180809_01.jpg
photo:横尾大橋。

甥っ子と姉・弟とスプラトゥーンをやりまくったミドです。
面白かった。ニンテンドースイッチ欲しい。


山旅、2日目。

横尾に着き、ガイドさんが来るのを待ちます。
他の参加者に女性がいますように。
体力も同じくらいだといいなー。

時間になるとガイドさん登場。
国内第1号の熟練山岳ガイドさんなので、いろいろ学ばせてもらおう。

参加者は女性多めで、夫婦で来る方や同じ年の方もいたよー。

では横尾大橋を渡って出発!
ここからは初めて歩く道。
ワクワクするなあ。

歩き出して1時間が過ぎ、本谷橋に到着。

180809_02.jpg

しばし休憩。
ふうー、汗だくだぜ。

涸沢からの景色を楽しみに歩きだします。

180809_03.jpg

今日の行程は山小屋までだけど、
標高差は700m近くあるのでまあまあしんどい。

180809_04.jpg

雪渓を歩き、涸沢ヒュッテに到着~。
テレビや雑誌でみてた山小屋だ。
わーいわーい。

180809_05.jpg

景色を堪能する前に、この汗だくの服を着替えねば。
どんなお部屋かなー。
おっ、ロフトベッドだ!プチ個室だ!

180809_06.jpg

カーテンで仕切れるから着替えも出来る!
コンセントもあって、スマホの電波もある!
この時期、1枚の布団に2人で寝る混雑ぶりなので、
1人用のベッドで眠れるのはありがた過ぎます。

汗びじょのシャツを軽く水洗いして干してと。
テラスでお昼ごはんを食べよう。

180809_07.jpg

お待ちかねの景色。ひゃほーう。
北穂高岳が目の前に!
明日この斜面を登っていくのね。

180809_08.jpg

左に目を向けると、奥穂高岳!
日本で3番目に高い山。こちらは明後日登ります。

北穂と奥穂、前穂に囲まれてる~。
ここで4日間、この景色を眺めながら過ごせるなんて贅沢。
いい夏休みです。

午後からは岩場の歩き方講習会を行いました。
足の置き方とか軽く練習したところで、雨がぽつぽつし始めて終了。
あとは、本番でなんとかなるかな。

翌朝は北穂高岳登山の始まりです。
登頂できるだろうか、雨は降らないだろうか、いろいろ心配だー。

3日目に続く
山旅:1日目(観光編)・2日目(涸沢編)・3日目(北穂編①)・4日目(奥穂編①)

170808_01.jpg
photo:徳澤園の相部屋はおもしろい。

過保護のカホコというドラマを見ているミドです。
甘やかしすぎるとイカン。私みたいな世間知らずになるぞ。


今年の3月、山小屋主催のとある登山企画に申し込みました。
それが3泊4日の穂高岳登山。

行ってみたかった涸沢に泊まって、穂高に登りたい!

と、思い切って申し込んだものの、後に不安が押し寄せました。
穂高岳どれか1つでも大変そうなのに、
連日で北穂高と奥穂高の2つに登るこの企画。

8月までに連日歩ける体力と岩場の経験を積まねば!
そんなわけで5月に3日間の奥秩父縦走、
6月は毎週末山に行き、赤岳で岩稜講習会、
7月に槍ヶ岳登山に挑戦しまして、体力が付いたと実感。

よし、穂高岳へ行こう~~。

170808_02.jpg
photo:明神橋。

山旅、1日目。

朝9時に金沢を車で出発し、お昼に上高地に到着。
先月も来たばかりなので新鮮味はありませんな。

さて、今回の日程はコチラ。

1日目:金沢→上高地→徳沢
2日目:徳沢→横尾→涸沢(2300m)
3日目:涸沢→北穂高岳(3106m)→涸沢
4日目:涸沢→奥穂高岳(3190m)→涸沢
5日目:涸沢→金沢

今日は1人のんびり観光DAY。
しかも、人気の徳澤園にお泊り予約しちゃった。

時間はたっぷりあるので、、明神池を観にいってこよう~~。

170808_03.jpg

近くの小屋では観光客がワイワイしております。
夏休みって感じがするなー。

そして、穂高神社でお参り。

170808_04.jpg

どうか、無事に登頂・下山できますように・・・・。
そして、できれば晴れてくれ~~~。

事前の天気予報では、穂高岳に登る日が雨らしい・・・。
槍ヶ岳の時みたいに何も景色が見えなかったらどうしよう。

ふう、ペースや時間を気にせずのんびり歩くのは久しぶり。
楽しいなあ。

170808_05.jpg

本日のお宿、徳澤園に到着。
相部屋で、ミドのスペースは「HOTAKA」のNo.4。

どんな感じかな~~。

170808_06.jpg

おお。
なんか今まで泊まってきた相部屋とは違う世界が広がっておるよ。
ほえー。
さすが、有名な宿泊施設。

170808_07.jpg

相部屋だけど、個室。ありがたい。

さて、お風呂に入ろう。
しっかりと汗を流します。しっかりと髪を洗います。

なんせ、これから4日間、風呂に入れないからね・・・・。

暇なので建物内をウロウロ。
木の色が良い雰囲気をかもしだしてるなあ。
こういう場所でのんびりしてると、女子の山旅って感じがする~。

170808_08.jpg

明日はここから1時間歩いたところにある横尾山荘でガイドさんと待ち合わせ。
朝8時に出発すれば間に合うので、ゆっくり眠れますな。

ぐーぐー。

2日目、朝。
朝の森の中をゆっくりと歩き、横尾に向かいました。

少し緊張しながら。


2日目に続く

170808_09.jpg
photo:横尾。
170807_01.jpg
photo:景色を眺めるミド。

痛ましい感じで日焼けしてしまったミドです。
耳や首が痛いし、周りには驚かれますな・・・。

今年の夏休み第1弾は、
春から目標にしてた「穂高岳への登頂」を果たしてきました。

ずっと行ってみたいと思っていた涸沢で4日間過ごし、
すばらしい景色を堪能しつつ、
北穂高岳と奥穂高岳の2つに挑戦してきたぞい。

170807_02.jpg
photo:位置関係はこんな感じ。去年、蝶ヶ岳より撮影。

それはそれは、素晴らしい山旅でした。

いつものように山旅日記を書くつもりだけど、
前泊込みで5日間もあるので書くのに時間がかかりそう。

これから夏休み第2弾、第3弾もあるし、
早く更新できるか分からないから、
とりあえず写真をいくつか載せておくことにします。
見てみて~。

170807_03.jpg

170807_07.jpg

170807_06.jpg

170807_04.jpg

170807_05.jpg

170807_08.jpg
170730_01.jpg
photo:おニューのコンデジさん。

通勤中・昼休み、ワンピースをスマホで読みまくってるミドです。
60巻まで無料配信なんてジャンプさん、ありがとう。
おかげで所かまわず、涙とハナミズが・・・。

先週は苦手な積算関係の仕事&残業してたので、少々お疲れ気味。

癒されに猫カフェ行ってきました。
ソファに座り、猫をなでながらワンピースを読む。
平和な時間じゃ。

そうそう、先日カメラを買いました。

ミラーレス一眼カメラのモニタが壊れて、
写真自体は変わらず撮れるので使い続けてたのだけど、
誰かにとってもらう時にモニタが見えなくて困らせてるし、
撮った写真の色味が分からない。

一眼を買おうかと思ったけど、
岩山登山ではポケットに入るサイズのカメラが1つあるといいなー。
ってことで、コンデジを買ってみることにしました。
(防水コンデジはあるけど画質イマイチなので、画質重視のが欲しい)

比較的軽く、小さめで、そこそこな値段で、そこそこの画質でと、
バランスを考えて買ってみたのがコレ。
カメラの知識ないので店員さんと話してなんとなくて決定。

槍ヶ岳登山はコレだけを持って行きました。
コンパクトさはとても重宝。
ザックを山荘においての槍の穂先往復では、
胸ポケットに入ったおかげでカメラを持っていけた。

たくさん写真は撮れてブログには使えたけど、
天候が悪かったこともありインスタに載せたいレベルの写真は撮れず・・・。
良い天気の時に写真を撮ってみないと、良さが分からなーい。

今度の山旅には、コンデジと一眼の両方を持っていこう。
現地での前泊入れると4泊5日の旅。
丸3日は風呂に入れないとか・・・大丈夫かしら。
それより工程をこなせるかの方が心配です。
頑張れ、私の体。


170730_02.jpg
photo:ミドの相棒、一眼さん。
170718_01.jpg

パソコンが壊れだしてきて困っているミドです。
いきなり画面が真っ暗になる。このブログを書いてる途中にもー。


槍ヶ岳登山その3の続き。

標高約3000mの山荘から上高地の入口まで約20km。
長い下山の始まりです。

スタートは、霧雨とそれなりの風。
予報ではこれから天気は回復傾向です。
下山するころに、槍ヶ岳が姿を現すんでしょーなー。
槍ヶ岳に来たけど、槍ヶ岳の姿を近くで見ることないとは。

登頂できただけ、良しとしよう!

170718_02.jpg

というわけで相変わらず真っ白な景色の中下山。

濡れた岩で滑らないよう気をつけて下りていきます。
そして、より慎重にいかねばならぬ雪渓の下り。
上りより、下りの方が滑りやすい。

170718_03.jpg

一歩一歩踏みしめていくと、凍った箇所があり・・・。
苦戦していた前にいた人が、足を滑らせてしまいました。
滑り台のようにスーッと、雪渓の先にある岩場へ向かって滑っていく。
「止まれ!」周りで叫ぶ声がして、緊張感が走る。

岩場の直前で止まって、みんな一安心。ふう。
折れたのがストックだけで良かった・・・。

前回の赤岳の時も転落事故があったし、危険は身近にあるんだな。

170718_04.jpg

槍ヶ岳が間近に見える最後のポイントまで来てしまったけど、
相変わらず空は真っ白。
槍ヶ岳の姿、一度も近くで見ることは叶わずだったか・・・。


登ってる時はとても長く辛く感じた道も、下りの時はあっさりと過ぎていく。

あっという間に、大きな雪渓のところまでやってきました。
ここからアイゼン装着。

170718_05.jpg

この雪渓を終えて、しばらく進むと槍沢ロッヂに到着。
ここまでくれば、あとは傾斜の緩い道となりますな。

そして、ようやく見えました。
槍ヶ岳の姿。

170718_06.jpg

今回の槍ヶ岳登山で、これが一番近くで確認できた槍の穂先です。
・・・しょんぼり。

空は徐々に晴れてくる。
なんだか近づくと荒れて、離れると晴れるなんて。
今回は天候に恵まれなかったな。
でも、経験値は増えたかも。
ガイドさんがいる内にいろんな経験できれば、ソロ登山の役に立つね。

170718_07.jpg

横尾山荘まで戻ってきました。
ここは穂高岳への分岐路でもあるので、登山者が多くて賑やか。

ここまでで5時間歩いております。
あと3時間かあ。
おなか空いたなあ。

次の徳沢では食堂で昼ごはんなのでガンバロー。

約1時間後、徳沢園に到着。
素敵な食堂でみんなでランチ。

170718_08.jpg

カレーやうどんを皆が食べる中、ミドはトーストとアイスカフェラテをオーダー。
1人カフェ気分。
冷たいカフェラテで心は生き返る~~。

もう旅が終わった気分になりそうだけど、まだ2時間近く歩かねばならんのだよ。

再び歩き始め、ふと視線を感じ横を見ると、お猿さんが道の脇に座ってた。
見つめ合う私達。
写真を撮ろうとカメラを出したら、去っていっちゃった。

170718_09.jpg

午後2時半頃、上高地バスターミナル到着。
歩き飽きたよー。

ともかく3日間、お疲れ様でした。
怪我なく無事終えられてよかったです。

来月は4日間の山旅を楽しんできます。
晴れますように。

170718_10.jpg